開運の社

開運の社とは
HOME
開運ニュース
祓所(はらいどころ)
今日の開運メッセージ
今月の開運のみこと
今月の開運パワースポット
今月のパワー文字
開運入門
ことだまの復習
開運パワースポット神社
解決への道
開運サポートプロジェクト
開運動画
開運写真
開運の壁紙
神社リンク集
開運リンク集

開運のすすめ
開運の広場(掲示板)
開運ツアー
出雲の開運祭
えびす招福祭
開運の酒
開運の音楽
お問合せ



開運の社

パワースポットNavi
パワースポットNavi

開運したいと漠然と思っていいるだけでは、決して開運できません。
本当に開運したいと願っているなら、あなたの「おもい」を「行動」を変えてください。

運命は「おもい」の結果です。


神社LINK LINK




開運の社携帯サイト
開運の社モバイル
開運メッセージ
パワー文字


開運の本

開運メッセージが本になりました。詳細はこちら



インターネットコンサルティング アルクジャパン

Powered by
Alkjapan


開運の本
開運メッセージが本になりました。
開運の本 「百花萬葉 誰がために咲く」


今日の開運メッセージを携帯電話のメールに毎朝お送りします。今日の開運メッセージ
ことだまの復習・・・開運メッセージを音声で聞く事ができます。ことだまの復習

平成20年4月30日(水曜日)

開運の玉手箱(その5)

運勢の向上・運氣の強化は、光り輝くことに共進していきます。まずは、あなたの存在する場を清らかにしましょう。光りの空間を多く創り、暖かで和やかな磁場を形成しましょう。あなたの目に見えるものすべてに光りがとどく、明るく輝く空間を創りましょう。次にあなたの想念・考え方を、光り輝くことを基準にし、すべての言葉・行動に光り輝く波動を念じて発信しましょう。きらりと光る言霊・歓喜にあふれる場を創るための行動を起こしてください。そして、あなたの笑い声・笑顔も、太陽からいただいた幸福の恵みを込めて大発信させましょう。神さまの光りと福音の中に、素晴らしい世界が広がります。そして、その行動をとり続けるあなたは、間違いなく運勢が向上し、開運への道を前進していくことでしょう。


平成20年4月29日(火曜日)

開運の玉手箱(その4)

物事を快適・順調に進めていくには蓄えが大切です。蓄えた中から、自らの力を発揮しましょう。体力のダム・アイデアのダム・人材のダム・財力のダムを築いて、能力に余裕を持ちましょう。余裕をもたずに物事を進めると、無理が生じたり不仲が生じたりします。あなたの理想と現実に開きが大きい時は、まず蓄えることに力を注ぎましょう。着実な進歩を積み上げることです。そして、平素よりダムを築くことを念頭に置き、備えと蓄えを万全にすることです。急がなくても必ずチャンスは訪れます。ぶれることなく、自らの今を知って堅固に未来を築きましょう。


平成20年4月28日(月曜日)

開運の玉手箱(その3)

神さまを崇敬し、不思議なご縁で集う人たちの行動は、すべてが成功裏に取り計られます。出会いに感謝し、ご縁を大切にする中で進捗(しんちょく)する事象は、すべて神さまが成就を決定されるのです。すべての結果に意味・意義が存在します。神さまが伝えたいこと、実現したいことが、プロセスと結果に含まれているのです。必要とされるご縁も、実現に向けてのプロセスです。あなたの実現したいことを、しっかりとご神意に照らし合わせ、ご縁ある協力者とともに成就への道を歩んでください。神恩感謝の中で御業(みわざ)の結果に従えば、あなたの開運への道は必ず拓(ひら)けます。そして、天地自然の理に沿って、継続と共栄が保証されていくものです。


平成20年4月27日(日曜日)

開運の玉手箱(その2)

さあ、正しさの中で、あなたの強い志(こころざし)の確認をしましょう。まずは、氏神さまや崇敬神社の本殿の前に立ち、しっかりと、自らの考え方・想念とご神意との重ね合わせをしましょう。開運の中で生き方を定めるには、神さまの御力を預かって前進させなければなりません。まずは、あなたの「思い」ありです。あなたの思いをしっかりと神さまの前で言葉にしましょう。その対話の中で、必ず新たなる智慧や行動のための活力を頂くことができます。しかし、ご神意との確認が充分できない場合は、再考するか、一度踏み止まりましょう。そうすれば、神さまはあらゆる方法で氣づきを与えてくださるはずです。そして、神前での祈りが完了すれば、後はあなたの行動です。すべての行動に正念を入れて実践に移しましょう。惰性(だせい)やマンネリではいけません。「一事入魂」で継続させましょう。あらゆる困難を学習ととらえ、切り開く力を備えましょう。万事大丈夫です。不思議なご神縁が、奇(く)しき現実をもたらします。


平成20年4月26日(土曜日)

開運の玉手箱(その1)

さあ、あなたの持ち前の能力を大いに活性化させ、あなたの運勢を開花させましょう。世のため人のために少しでも役立てるよう、志(こころざし)を前進させましょう。あなたの、神さまから預かっている魂(たましい)は、向上を期待し、活躍を待望しています。あなたは不思議にも宝物をたくさん頂いています。ありがたくも祈る力、念じる力を習得し、多くの同じ志(こころざし)のご縁にも恵まれたのです。喜び溢れる世界に変化させましょう。明るく楽しい暮らしに変化させましょう。毎日を勢いに満ちた行動・活動で満たしましょう。素晴らしい快活なる人生の幕開けです。大切な一日です。大切な100日です。そして、大切な1年です。不思議なご縁が、奇(く)しき現実をもたらします。


平成20年4月25日(金曜日)

全く氣づいていない所に、あなたの未来にとって大切な事が存在します。

あなたにとって大切なことは、あなたが全く氣づかない所に存在しているかもしれません。本当に大切なことが、あなたの直接見えない所や、また見ようとしていない所に存在しているのかも知れません。本来は最も感謝すべき身近な人や、最も大切な基本となる日々の作業を軽んじているのかもしれません。また、人さまに応えるべきあなたの能力も、氣づいていない所に埋もれているかもしれません。あなたは知らなくても、周りの人の助言や期待に応えることで、あなたの潜在能力はひきだされるかも知れません。人は氣づきを大切にし、氣づきを神さまからの大切なメッセージとしてとらえることで、未来を大切な時間に変えることができるのです。今日の氣づきを大切にすることは、あなたの未来を充実させる第一歩なのです。


平成20年4月24日(木曜日)

心の根っこを清め、心の定まりを大切にしましょう。

心の根っこを清め、心にある不浄を取り除きましょう。常に明るさを大切にし、周りを照らす心で活躍しましょう。一つのことを、心を鎮めて清らかに収めることができれば、次の行動もまた清らかに運ぶものです。こだわりや我欲に左右されることなく、心を清らかに保ち続けましょう。そうすれば、最後にはみんなが集い活力にあふれる清浄な場ができるのです。快活で清らかな心の根っこは、すべての行動を強め、よい氣の流れをつくり、幸運な結果をもたらしてくれるのです。強い祈りを始め、心の定まりを大切にしましょう。


平成20年4月23日(水曜日)

愛を実践することで次なる目標が生まれます。

人は人を愛することで真の幸せを感受し、人は人に愛されることで幸福を完成させるのです。まずは人を愛し、心を与え、相手を引き受けることを肯定しましょう。愛することで大きな目標や前進する力をいただき、エネルギーにあふれる行動を発揮できるのです。あなたの愛は大きく寛容で、パワーに満ちています。愛を実践し愛を活躍させ愛を膨らませましょう。その結果あなたは人から愛され、言葉や絵画には表すことのできない幸福を完成させることができるでしょう。素晴らしいことです。真にありがたいことです。一つの結果をつくりましょう。完成への道を着実にあゆみましょう。愛を実践することで、次々と充実した人生の目標が生まれます。


平成20年4月22日(火曜日)

早寝・早起きで開運のパワーを優位にいただきましょう。

朝早く起きて活動すれば、必ず運勢は上昇し、人との出会いが変化します。素晴らしい出会いのご縁が生起し、また、心身の健康が保証されます。万事をうまく成就させるための生活習慣の基本が、早寝・早起きです。成功者や運氣の強い人の基本的な行動形態です。早起きして、祈念する時間を充分取りましょう。この時間がとても大事です。祈ることで朝の想念と一体化し、念じることで一日の行動と一体化します。朝の時間はあらゆる行動の価値を高め、徳と健康と財運を高めます。また人間の身体は早寝・早起きすることで、大自然と調和できるメカニズムになっています。遺伝子そのものが、昔から早寝・早起きを選択しています。自然界の摂理の下(もと)に生かされている命を活躍させ、大切にしていきましょう。そうすれば、あなたは開運パワーを優位にいただくことができるのです。


平成20年4月21日(月曜日)

思いを変えて周りを改善すれば、未来のあなたは「心地よい場」の主人公です。

まずは、今日考えることの全てを、楽しさ明るさの中で実行しましょう。全てを前向きに肯定的に思考してみましょう。あなたが楽しさ明るさを発信すれば、周りにもそれが波及します。環境はお互いの波動に影響を受けています。まずは率先して、自分の考え方を変え、よい波動を周りに与えることです。周りを変化させ環境を浄化することで、「場」のエネルギーを向上させることができます。「過去と他人は変えることはできません。しかし、未来と自分はすぐに変えることができます。」変えられない事象を追い求めるより、自分の思い・考え・想念を変えることが先決です。まずあなたが変わることで、周りを「心地よい場」に変化させれば、連鎖的に変化が起きてきます。そして、大きな変化につながる準備が整うはずです。


平成20年4月20日(日曜日)

心に余裕を持てば運勢の強い人たちの集いに参加できます。

人間には常に余裕があることが大切です。時間の余裕・体力の余裕・空間の余裕・心の余裕など大切なものであればあるほど余裕を持ちましょう。まずは、自分のできる事とできない事を分別して、自分の受け持ち分を果たしましょう。役割りのみを果たすことで、必ず余裕ができます。自分のできないことは、ご神託をして援助のご縁を祈りましょう。必ず援助の道が拓かれます。神さまは大いなる力で人間を包んでくれています。心に余裕を持つことで祈りの時間も充実します。大いなる神さまの御力を感謝を持って感受することができるのです。また、運勢の強い人たちが余裕を持って集まります。余裕を持つことですべてが善循環に流れ出すのです。


平成20年4月19日(土曜日)

祈り念じる中に、必ず光が差す時が訪れます。

どんなに苦しくても、困難に遭遇しても、決して祈り念じることを欠かしてはいけません。祈り念じることは、最後の最後まで希望をつなぎ、いずれは訪れる歓喜の世界へと必ず導いてくれます。自らの本意と神さまのみこころとのつなぎ合わせ・重ね合わせを熱心に祈りましょう。そして祈りによってご神意を確認し、それにそって、念じる力を込めて行動を起こしましょう。行動に懸命に力を注ぎましょう。凄いことが起こります。解決につながる突破口が開けます。祈り念じてください。神さまに通じる力を得ることができ、必ず光が差す時が訪れます。


平成20年4月18日(金曜日)

足もとの生活を整え、自己の研鑽を積み重ねましょう。

未来の幸福に備えた最善の一日が始まりました。今日のこの一日は、あなたにとって最も充実した24時間です。小さなことでも熱心に取りくみ、大きな仕事を仕上げていきましょう。たとえ大きな問題が起こったように見えても、実際には決して難しいものではありません。小さな問題をコツコツ解決していくことで必ず決着します。最小の単位を大切にし、最も小さな集合体に愛を注ぐことです。足もとの生活の中に、幸福をつくりだす小さな資源はたくさん存在しています。自己の研鑽を積み重ね、今日の足もとの小さな事象を大切にしてください。


平成20年4月17日(木曜日)

精魂を傾けて一事に取り組みましょう。

物事の成就への道は、全て精魂を込めることから始まります。人が成し得ること全てが、一人のひとの精魂から発起したものです。何事も真剣に取り組み、本氣で魂を込めて仕事をさせていただくと、神さまはその力を振動させ増幅させながら素晴らしい作品へと導かれるのです。始まりを大切にしましょう。原点を大切にしましょう。「初心」とはあなたの原点であり、そこには崇高な理念が刻み込まれています。そして大切なことは、原点につながっている今日のあなたの仕事です。精魂を傾け、懸命に成し遂げましょう。着実に仕上げ、今日を充実させましょう。幸福はその結果、享受(きょうじゅ)できるものです。


平成20年4月16日(水曜日)

あなたにも人を癒やせる力が存在します。

神さまは、あなたの心の奥底の優しさを引き出そうとしてくれています。あなたの心の根っこは清く美しいものです。しかし残念ながら、こだわりや不必要な自己防衛が邪魔をして、それがうまく表現されていないことが多いのです。少し勇気を出して、あなたの素晴らしい心の波長を表現しましょう。あなたの周りには、あなたの癒しを必要としている人が必ずいます。まずは意識して優しい言霊を使い、周りを癒してあげてください。また、ただそばにいてあげたり、優しく微笑んであげるだけでも、充分に癒すことはできるのです。ぜひ、あなたにできる癒しの一つを試みてください。


平成20年4月15日(火曜日)

神さまのご神徳のなかで、充実した人生を実現させましょう。

今日は15日です。月の真ん中でもう一度ご神意との確認をしましょう。人の日々の生活は、正しい規則・法則がわかっていても、いざ実践となると難しいものです。この世は、神さまの意思に沿って内なる神魂(かむたま)磨きができるよう、学び・実践する場です。先人の教えをしっかりと習得し、自らの能力を高め、世のため人のために自らを活躍させていくことで、充実した人生を実現することができます。毎朝、謙虚に心を鎮めて、沈黙のなかで聞こえる声を大切にしましょう。あなたは必ず発展し進化していく道にいます。氣づき・学び・役立てていくあなたの姿を、神さまは大きな期待をもって見守ってくださっています。


平成20年4月14日(月曜日)

この世の大事な出来事は、神さまの決め事の中ですすめられます。

謙虚な心で聖なる声に耳を傾けましょう。素直な心で神さまの御心(みこころ)の教えを聞きましょう。この世はすべて、神事(かむごと)の中で運び進んでいます。大事な事象であればあるほど、神さまは見事な過程で、最善の結果を見せてくださいます。今日一日元気で過ごせるのも、神さまの力、大自然・大宇宙のパワーのお陰です。ご縁ある人と素晴らしいお仕事を完成させることができるのも、神さまのお導きとご神縁のおかげです。すべて、神さまは決め事を実行されています。素直に神さまの意思と一体化して日々の暮らしに取り組み、全てを託す信念をもって人生を歩みましょう。そうすれば素晴らしい導きと、どこまでも光りのあたる道を歩めることでしょう。本当にありがたいことです。素直な心で神さまの御力(みちから)にお近づきをさせていただき、ご神意に則した生き方を、日々の暮らしのなかに習慣化しましょう。


平成20年4月13日(日曜日)

真剣に身体を癒やし、滋養力をつけましょう。

肝臓や腎臓はあなたの意識にかかわらず、あなたの肉体を癒やし、体力を蘇生させるために働いています。真剣に自らの肉体を気遣い、大切にしましょう。無理をせずに、休める時にはしっかりと臓器を休めて、体力が復活できる状態を目指しましょう。そして、正しい方向に向けて体力を活用しましょう。無駄な作業や不摂生につながる行動は禁物です。規則正しい生活こそが滋養力をつける第一歩です。正しい生活リズムで暮らしを保持すれば、万事が順調に進み、精神力や頭脳力も強化されます。真剣に身体を癒やすプログラムを作成しましょう。


平成20年4月12日(土曜日)

「幸福の輪」は同調性のなかで大きくなります。

自分が幸せになる祈念だけではなく、周りの人も一緒に幸福になる祈念を熱心に実践してみましょう。自らも幸せ、周りも幸せでなければ真の幸福は訪れません。福は福をもって集まります。同調性があるのです。共に幸せになる意識を強くすればするほど同調性は高まります。そして、ある限界点をこえると、一斉に輪っかの中に素晴らしい事が生起するのです。また、周りの幸せを先んじる心願をもつことで、より強い「幸福の輪」が形成されていきます。「幸福の輪」には運勢の強い人たちが集まってきます。そこには互助の力の強い磁場がつくられ、善循環のなかですべての事が進捗(しんちょく)します。あなたのまわりにも「幸福の輪」をつくり、丹精込めて同調性を強めましょう。


平成20年4月11日(金曜日)

百花萬葉 誰(た)がために咲く。

花のいのちは時と空間を優美に輝かせ、花のいのちは人の心を励まし、花のいのちは光りを彩(いろど)り、華やかなきらめきの場へと変化させます。時には人と人との空間を和らげ、時にはご先祖さまとの会話をつなぎ、時には人の喜びを共に祝福してくれます。百花萬葉 誰(た)がために咲く。花の咲く力から、光り輝く言葉をいただきましょう。花の咲く力から希望をいただきましょう。あなたの生き方・人生が、優雅で華麗に花開くよう、花のいのちから力をいただきましょう。そして、あなたこそが百花萬葉の一花一葉となり、周りに光り輝く色彩をはなちましょう。


平成20年4月10日(木曜日)

視野を広め、深い心のもち方を学びましょう。

一つの考え方や方法に拘(こだわ)って、自らの行動や生き方を狭(せば)めてはいけません。無碍(むげ)の精神で広く物事をとらえ、判断する基準を柔軟にもちましょう。世の中には多くの考え方・多くの生き方があり、それぞれを受け入れていく中で、心柔らかな社会が永続されていくのです。同時に、いつも慈愛に満ちた愛深い心を目指していきましょう。あなたの心の奥には、どこまでも深い深い愛が包含(ほうがん)されています。今日出会う人と愛情たっぷりの会話をもちましょう。愛深い心をもってご縁を大切にさせていただきましょう。あなたの考え方・心のあり方で、周りの人たちの心にも変化を起こせるのです。


平成20年4月9日(水曜日)

生きていく活動、生かされている感謝。

人間の大切な臓器はすべて、自分の意思を超えたところでコントロールされ、その役割りを天意のままに果たしてくれています。心臓や肝臓・腎臓を自らの意思で動かしている人はいないと思います。それとは逆に、人間には自らの意思で活動させる部分があります。手足を動かしたり脳を使って活動することは、自らの意思でやれることです。人の命の活躍は、生きていく力と生かされている力との両輪で成り立っているのです。自らの力で前進させることも大事・神さまからの力で生かされ感謝していくことも大事なのです。内なる神さまと外に超在されている神さまとの連係プレーが、命が最高に活躍する姿なのです。生きていく活動、生かされている感謝を再認識してください。


平成20年4月8日(火曜日)

福徳因縁で素晴らしい生活が確保されています。

今日の健全で幸福な暮らしは、あなたの福徳因縁によって成り立ったものです。福徳因縁とは、あなたのご先祖さまの時代から大切にされていた、徳のあるご縁です。今日のご縁はこの世で結ばれたものもあれば、すでにご先祖様の時代につくられたものもあるのです。ご縁には根っこがあり、その素晴らしいご縁は、世代を超えて引き継がれるものです。つまり今日の幸福の享受はご先祖さまのお徳のお蔭であり、ご先祖さまから続く福徳因縁のお蔭であるわけです。また言い換えれば、今日の私たちの生き方は、未来・子孫への福徳因縁として引き継がれるのです。未来に渡していく素晴らしいご縁を福徳因縁として大切にし、今日の暮らしの中で感謝を深めましょう。


平成20年4月7日(月曜日)

時を大切に扱えば充分に満たされます。

時間はとても不思議に人の感覚と関わっています。同じ時間でも、短く感じる時、長く感じる時があります。しかし時間には、本来長い短いは存在しません。時を大切に扱い守る人には、いつも時間は充分に与えられ、時間が味方してくれます。時間がかかるものには時間を充分かけましょう。本来の成長や、完成までに必要な時間を短縮してはいけません。逆に、時間のかからないことに無駄な浪費はやめましょう。効率的に短縮化をはかり、省エネルギーに尽くしましょう。あなたの運勢は、時間をうまく使えるかどうかに大きく影響されます。大切に時間を取り扱えば、必ず余裕が生まれ、万事うまく発展します。心を幸せで満たすことも、時間があってはじめてできるのです。


平成20年4月6日(日曜日)

春爛漫・心にも花いっぱい。

心を楽しくはずませ、春を謳歌しましょう。心を快活にして明るく朗らかに保つことは、心身のエネルギーを高めるためにとても大切なことです。いつも美しいもの華麗なものを愛し、心に映して、花いっぱいの気持ちになってみましょう。あなたの心が華やかな楽園のエネルギーに満たされれば、すばらしい癒やしの場が形成されます。そしてあなたは、集うものすべてに喜びを与える力を頂けます。春は開運の始まりです。心にいっぱい花を咲かせて、周りをも楽しくさせましょう。開花する未来にむけて、エネルギーを潤滑に活躍させましょう。


平成20年4月5日(土曜日)

小さな役割りを頂けたら、大きな感謝をもちましょう。

元気で快活な心身をもって、小さな事でも人さまのお役に立てることは真に有り難いことです。朝一番、祈りを通して今日の使命を頂きましょう。その使命を実践することは、神さまへの感謝のお返しの第一歩です。もし、あなたが仕事や活動を通して、食べるのに困らない程度の働きを頂いているのなら、大いに感謝しましょう。もし、あなたが食べることに困らず、それ以上の働きを頂いているのなら、感謝を形にして周りの人への喜びへと還元しましょう。役割りや使命を頂けるだけで充分幸福なのです。仕事の報酬は、次なる仕事や高次の使命で頂くのが一番優れています。役割り・使命に光りを頂き、より光り輝く活動の姿へと成長させましょう。


平成20年4月4日(金曜日)

積善の家に余慶(よけい)有り。

善いことの積み重ねは、自らの慶びだけでなく、周りの慶びにもつながります。人が見ていようと見ていまいと、信念をもって正しい行動をとりましょう。神さまは、どんな小さな善事も見のがすことなく、必ず見届けてくださいます。神さまのみこころにそって、神さまのお手伝いをさせていただきましょう。人の慶びを優先させて、小さな善事を積み重ねていけば、あなたの周りは慶びに満ち溢れます。積善の家に余慶(よけい)有り。そして、積善の「人」にも余慶(よけい)有りです。


平成20年4月3日(木曜日)

大調和の中に進化を遂げましょう。

大調和を果たしていくことは宇宙の意思です。周りとの不調和を避(さ)け、全てが和(わ)して、円く収まる集合体を増やしていきましょう。各々の精神や肉体が大調和の中で好循環していくとき、その集合体は最も安定します。大調和をめざす心そのものが、生成発展する進化そのものなのです。安定しながら進化していくものは全て円状に収まり、輪(わ)の力によってバランスを取り合っています。心も円く、行いも円く、社会も円満の中で発展を目指しています。あなたの心も◎の調和の中に進化を遂げましょう。


平成20年4月2日(水曜日)

チャレンジ精神をもって、新たなる出発をしましょう。

開運の春は始まりました。大きな希望と夢をふくらませて、新たなる世界を切り開きましょう。努力を惜しまずに、未知の世界にもチャレンジしましょう。やってみること、実行してみることが先決です。決め事は必ず最後までやり抜きましょう。前進することです。今日のあなたは大きなチャンスに恵まれています。大地のエネルギーも息吹を強め、この旅立ちを応援しています。すばらしい人生のシナリオが実現しました。大いなるチャンスに神恩感謝を重ね、陽春の大空を駆け抜けていきましょう。


平成20年4月1日(火曜日)

お一日参りを大切にしよう。

神様の御柱(みはしら)と人間の脊柱(せきちゅう)を月に一度、一対(イッツイ)の柱にして立(タチ)直す儀式をおツイ・タチ参りといいます。つまり神さまと人が一対(イッツイ)になり、神さまの基準・神さまの考え方に立て直してもらうのが、お一日(ついたち)参りなのです。氏神さま・崇敬神社にしっかりとお参りください。神さまは、まじめにお一日参りを継続するあなたの本心を確認しています。まじめこそが最も神さまが歓ばれる姿です。開運の春は始まりました。神さまのみこころの中で大切な旅立ちをしてください。



今日の開運メッセージトップページへ戻る

平成24年1月
平成24年2月






平成23年1月
平成23年2月
平成23年3月
平成23年4月
平成23年5月
平成23年6月
平成23年7月
平成23年8月
平成23年9月
平成23年10月
平成23年11月






平成22年1月
平成22年2月
平成22年3月
平成22年4月
平成22年5月
平成22年6月
平成22年7月
平成22年8月
平成22年9月
平成22年10月
平成22年11月
平成22年12月





平成21年1月
平成21年2月
平成21年3月
平成21年4月
平成21年5月
平成21年6月
平成21年7月
平成21年8月
平成21年9月
平成21年10月
平成21年11月
平成21年12月





平成20年1月
平成20年2月
平成20年3月
平成20年4月
平成20年5月
平成20年6月
平成20年7月
平成20年8月
平成20年9月
平成20年10月
平成20年11月
平成20年12月





平成19年1月
平成19年2月
平成19年3月
平成19年4月
平成19年5月
平成19年6月
平成19年7月
平成19年8月
平成19年9月
平成19年10月
平成19年11月
平成19年12月





平成18年10月
平成18年11月
平成18年12月

開運の社



 開運の社    All Rights Reserved Copyright (C) 2006