開運の社

開運の社とは
HOME
開運ニュース
祓所(はらいどころ)
今日の開運メッセージ
今月の開運のみこと
今月の開運パワースポット
今月のパワー文字
開運入門
ことだまの復習
開運パワースポット神社
解決への道
開運サポートプロジェクト
開運動画
開運写真
開運の壁紙
神社リンク集
開運リンク集

開運のすすめ
開運の広場(掲示板)
開運ツアー
出雲の開運祭
えびす招福祭
開運の酒
開運の音楽
お問合せ



開運の社

パワースポットNavi
パワースポットNavi

開運したいと漠然と思っていいるだけでは、決して開運できません。
本当に開運したいと願っているなら、あなたの「おもい」を「行動」を変えてください。

運命は「おもい」の結果です。


神社LINK LINK




開運の社携帯サイト
開運の社モバイル
開運メッセージ
パワー文字


開運の本

開運メッセージが本になりました。詳細はこちら



インターネットコンサルティング アルクジャパン

Powered by
Alkjapan


今日の開運メッセージを携帯電話のメールに毎朝お送りします。今日の開運メッセージ
募金箱能登半島地震災害義援金受付






平成20年1月1日(火曜日)

謹賀なる歳朝(さいちょう)の光を迎え、よろこびの萌(きざし)、めでたさの前兆の新風があなたの家門に吹いています。元旦の清められた心の中に福が福を呼び、幸せが幸せを呼び込む風が舞い込んできます。最も瑞々(みずみず)しく土に根ざした清々(せいせい)たるエネルギーがあなたを包み、この一年をお守りしてくださいます。一年の計は元日にあります。あなたの真面目なこの一年の計画を、神さまへの祈念を通して文章にしてください。あなたの真ごころの積み重ねは、本年も多くの人たちを助ける力となり、あなたを一層、光り輝く本領の世界へと誘ってくれることでしょう。開運隆昌の春は到来しています。心を平らかに、安らかにして新年をスタートしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月2日(水曜日)

桃や李(すもも)は、ものは言わなくても、おいしい実を熟させていれば、自然に人々が集まって、樹木につながる道ができてゆきます。人間の世界でも徳のある人、魅力のある人、必要とされている人の周りには自然と道ができ、その周りは繁栄してゆきます。今年のあなたにも素晴らしい実が豊熟するように本業にはげみ、現場を離れることなく、持てる技(わざ)を存分に発揮してゆきましょう。本当に大切な事は、人さまが心から喜ぶもの、人さまの繁栄につながる事を、真ごころ込めて伝え、継続してゆくことなのです。本氣・本心で自らの本領を発揮して精進してゆけば、必ずあなたの御業(みわざ)は、世のため人のためになるように神さまが導いてくださいます。まことの繁栄への道が、集う人たちの力でつくられてゆくのです。あなたの努力が成果・成熟する一年であることは間違いありません。うれしさいっぱいに励みましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月3日(木曜日)

常に人生を楽しめる境地に、心の準備をしてゆきましょう。人生はどこまでも、素晴らしく楽しく感動していけるものなのです。すべてを楽観して楽しみに変えてゆく力や、一切のこだわりを捨てることのできる無碍(むげ)の境地へと近づく力をもてば、人は悠々たる心境に到達する事ができます。どんなに苦しいことや忍耐が必要なことでも、心の準備があれば乗り越えられます。その過程をも楽しみ、最後には、結果にかかわらず良かったと喜べる力をいただけるものです。心を内へ内へと閉ざしてはいけません。楽しい気持ちをもって外へ外へと開いていきましょう。一の楽しみが十の楽しみに変わり、十の楽しみが百の楽しみに増幅してゆきます。そして自らを「百楽の心」の持ち主として、大いにまわりをも楽しませましょう。人生を悠々と楽しみ、心はずませ、楽しさの氣を周囲に充満させましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月4日(金曜日)

人の幸せは、出会いによって決まるといっても過言ではありません。すばらしい人との出会いで、すばらしい考え方や想念がつくられ、すばらしい出会いのお蔭で、楽しくこころ豊かな暮らしがつくられてゆきます。今日の形ある幸せも、過去のご縁が実を結んだものです。ご縁とは大切な大切なものであります。そして不思議にも、自らのはかり知れないところでつくられるのもご縁であります。また未来に出会える人のご縁を、今日知ることはできません。つまり、人生で大事な大事な人との出会いは、人が見ることのできない所での、ムスビの神さまの大御業(おおみわざ)なのです。人にできることは、大いなるムスビの神さまへの神恩感謝と、今日までのご縁に深く深く感謝し、現在のご縁を大切にさせていただくことに尽きるのです。ムスビの神さまは、今与えられているご縁を大切にする人を好みます。今のご縁の繋(つな)がりの中に、未来のすばらしいご縁が存在します。相手の心・今の心を大切にするあなたにこそ、すばらしい結びのご縁が続いてゆくのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月5日(土曜日)

よい事が連鎖的(れんさてき)に起こり得るためには、その場所が清らかで空気が澄んでいること、その場所に集う人たちの考え方が真面目で行動が積極的であること、その場所に感謝の念が込められていて、集う人たちが自然と利他の精神に目覚めること、などが共通しています。目には見えないところで神さまの判断が働き、その御力(みちから)への深い感謝と、そこから湧き上がる次の善なる行動とで、どんどんとよい事を引き寄せるのです。縁起(えんぎ)のよい事が連続すれば、また縁起のよい人を引き寄せます。あなたも小さな親切や善行を積むことで、必ずよい事の連鎖の一つに成る事ができます。また、そうでありたいと強く祈ることで、すでに連鎖は始まっているのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月6日(日曜日)

人間の生活は文明の発達とともに、どんどんと便利になりました。便利になればなるほど、身体を使わなくなり、脳を使わなくなり、直感を使わなくなりました。人間本来の機能はどんどんと退化しつつあります。また、人間が本来引き受けるべき仕事量を機械や器具が請け負っていることで、そのエネルギー源となる石油資源や天然資源を消費しすぎています。そして、その資源ゴミのすべてが地球の負担となっています。人間は地球環境を守るためにも、また人間本来の機能を退化させないためにも、不便だと思うことをもう一度生活のなかに取り入れ、文明の利器を使わなくてもよい生活習慣を取り戻さなければなりません。便利な機械・器具を使わなければ、天性の感覚や直感を取りもどす事ができます。ぜひ、チャレンジしてみてください。その報いは地球の神さまからいただけるかもしれません。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月7日(月曜日)

人には、得意とする作業と不得意とする作業とが存在します。まずは自らが心地よく、快適に進行できる作業から取りかかりましょう。そうすればあなたの一番優れた能力を発揮でき、周りの人達に喜んでいただくことができます。また人間関係においても、好き嫌いが存在します。この場合も、氣が合う仲間と結束して仕事をしたほうが効果的ですし、やる氣もでます。人の細胞は、苦手な事や嫌悪(けんお)を感じることには、緊張して硬直してしまい、本来の力を発揮できません。もちろん苦手を克服したり、氣の合わない人と付き合う修練も必要です。しかし、まずは、あなたの得意分野での本領発揮です。脳を快適にして心地よい環境を作り、作業・仕事・勉強を始めることは本年の初期設定として最も大切なことです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月8日(火曜日)

伸び伸びと大らかに文字を書きましょう。そして、丁寧に心を込めて一字一字書きつづりましょう。書は人格を表します。心狭まる文字は閉そく感があります。逆に心が広がるような大らかな文字には、前途揚々とした感じを受けます。しっかりとした筆圧で、パワーをこめて執筆しましょう。点やハネも正確に書くこと。また、省略文字はいけません。特に、名前や住所には言霊や文字霊(もじだま)が隠(こも)ります。大切に真ごころこめて正しく書きましょう。人の心や勢いも文字に表れますので、常にこころして文字を取り扱いましょう。字を大切にする事は、開運や運勢の安定にとって大切なことなのです。今日から実行してみてください。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月9日(水曜日)

光り輝く想念であなたの計画を作り、それを光り輝く行動へと具体化してゆきましょう。光り輝く姿は、自らをも明るく楽しく陽気にし、日々の活躍へと導いてくれます。光り輝くあなたは周りを助け、思いやりの心をもって人々を照らしてゆくことができます。太陽は地球上の万物全てを、一切の隔たりなく遍(あまね)く照らし続けてくれています。そのエネルギーを受光(じゅこう)している人間には、想念や言葉や行動を、より一層光り輝くものに変化させてゆく使命があります。そして、それぞれの個人の特質の中には、それぞれ固有の光が存在します。今日のあなたの祈りの後の「おもい」は、あなた固有の光の発源です。光り輝く想念を強め、今日のお役目として光り輝く姿を具現化してゆきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月10日(木曜日)

人間は神さまの分け御霊(みたま)です。周りに対して、優しく親切に真ごころ込めて接することで、人間の魂は平安へと誘(いざな)われ、心臓の鼓動は安らかな波動に満たされます。また、自らのココロやカラダを癒やす事で、その波動を一層安定させることができます。すべてに真ごころを込めることで、神さまのみこころに近づけるのです。そのためには、平素より真ごころを込める道を修練してゆきましょう。真ごころとは、人それぞれの思いやりの表現であり、他に対して優しく親切にすることができる力です。その力は、経験や修練で高めることができます。真ごころ一本道で今日のあなたの心を開花させましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月11日(金曜日)

自分の考えや理論を人に押しつけると、どんどんと人は去ってゆきます。逆に自らの立場をわきまえて、謙虚に一歩下がれば、人は集って来ます。謙虚に立場をわきまえることで、むしろその人本来の魅力・才能が開花し、多くの人の信頼を得ることができるのです。謙虚であればあるほど、天は不可思議な力、大調和への導きの力を与えます。あなたは、魅力的で人を引きつける力があるからこそ、人のために役立つことができるのです。人の中にいてこそ、自らの本領が発揮でき、活躍の場が与えられるのです。人が集う環境こそが、幸せの始まりの大切な要素なのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月12日(土曜日)

あなたは、遙か美空からの大きなお力に今日も大事に守られています。そのお力は、ご先祖さまのお徳の結果であり、あなたの御親神(みおやがみ)さまの御力(みちから)であります。それはあなたが誕生した時から、ずっとあなたを見守ってくださっているのです。そして時には、可愛さゆえにきびしい環境にあなたを置かれたこともあったでしょう。そっちに進んではいけないときには、手段を選ばないで止めてくださいました。それらはすべて、大いなる御力のメッセージなのです。今日の健康も幸せも、そして平和で平凡な生活も、すべてお計らいの結果です。まずはご先祖さまへの供養を熱心にさせて頂きましょう。そして、大神さまへの神恩感謝を欠かしてはいけません。過去・現在・未来の時間を超越して、守護の中に生活をいただけるのです。大切なのは、未来も感謝の中に生活をさせていただくことです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月13日(日曜日)

相手のあやまちや弱点を責めるのではなく、相手の心境と同じ情(なさけ)になれてこそ、共に生きてゆく力が湧(わ)き上がるのです。あなたの心の力を少し進化させてみましょう。まわりの人と共に幸福を目指す心の力と、その備えを養成しましょう。科学や物質世界は目覚しく進化しました。しかし、反対に人の心の世界はすさみ、後退しています。人の心の進化こそ、今日(こんにち)の優先課題です。人の心が真髄からやさしくなり、隣人と仲良くなるための科学・文明の発展でなければ、人間の魂の進化にはつながりません。あなたの心を浄化して力をつけてください。心の進化を優先してゆけるグループづくりをあなたの周りから始めましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月14日(月曜日)

何事にも丹精を込めて、真面目に仕上げてゆきましょう。そうすれば、あなたの作品や仕事には、真剣な心のこもった氣が宿り、自ずとすばらしい波動を発信します。どんなに小さな部分をも、丹精込めて仕上げた仕事には生氣が宿り、まわりにも大きな力を及ぼします。入念さや丁寧さが加味されれば、益々品格と貴賓(きひん)に満ちたものになるでしょう。すべては、あなたの日々の心がけと真面目さへの執着です。深い深い心の奥の魂の表現を、あなたの作業・仕事を通して発揮してみてください。真に神氣の宿る世界が拓かれることでしょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月15日(火曜日)

物事の成就には完成に近づくためのタフな心構えが必要です。そのためにも即反省・即改善の行動習慣が定着していることが大切です。完成に向け熱心に計画を遂行してゆく中で、うまくゆかない理由を分析して、即反省して方針を立て直し、即改善して、ひとつひとつを着実に解決してゆくことです。謙虚に反省してゆくからこそ、協力者が結束して完成への力を発揮してくれるのです。反省する姿勢があるから、向上する力と継続する力を神さまからいただけるのです。真面目な心構えと真摯(しんし)な態度で反省してゆくことは夢の実現の王道です。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月16日(水曜日)

あなたは有り難くも、この世に人としての生命(いのち)をいただきました。そのエネルギーは身体の活躍、そして心の活躍に使われています。生命は大いに活躍させることで活性化され、輝き始めます。心身は生命の力で蘇りを繰り返し、次なる活躍に備えています。現実を駆け抜けるために、あらゆる試練に耐える準備をしています。生命は大いに活躍させることで一層輝きを増し、光り輝く御魂(みたま)へと向上するのです。現実に対してたくましくなりましょう。新しい課題にも挑戦してゆきましょう。世のため人のため、そして自分のためになる事を積極的に行動してゆきましょう。生命の輝きこそが、励みでありやりがいでもあるのです。素晴らしい事象は、どんどんと生起してあなたの幸せの準備を始めています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月17日(木曜日)

本日は阪神大震災より、14度目の朝を迎えることになりました。まずは心より鎮魂の祈りを捧げたいと思います。大震災の経験を通して多くの学びがありました。人間が大自然の中でいかに小さな存在で、いかに活動できることが制限されているかと言うことです。文明の利器を持つ人間も、大自然の脅威の前では無力で、智恵を活かすことも出来ない状態に追いこまれます。逆に文明の利器をもたない自然界の生き物の中には、地震を予知して災害を最少にできたものもあります。人間も自然界との対話、自然とのふれあいを大切にして、大自然から学ぶべきなのです。自然からの警鐘を、直感によって受け止める感性を取り戻す必要があるようです。地球も生きて活動しています。人間もイノチある地球の上で、生命の活動を許されている事実に謙虚でなければなりません。母なる地球に畏敬(いけい)の念を抱き、許された範囲の活動をしてゆくことは、地球人として最も大切なことでしょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月18日(金曜日)

あなたの今日の心の決定が、どこまで本氣で、いつまで継続できるかを神さまは見ておられます。その決断した内容に本氣でとりかかり、継続してゆく決意が強ければ強いほど、神さまは成功への道筋と成就へのパワーを与えます。志に応じて、神さまから送られる物は変わるのです。あなたの決断と実行は期待されたものであり、ご守護の中に遂行されてゆくものであります。強く念じ、本氣で自らの能力を発揮してください。活躍する力、継続する力に、不思議なくらいに恵まれてゆきます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月19日(土曜日)

人はそれぞれに切磋琢磨のなか生きる力を持っています。時には強く時には荒くしてでも、前に向かって波を乗り越えてゆかなければなりません。気分や心境の波が平らでない場合もあるでしょう。しかし、その試練や課題も最後には平らで安泰なものに収めてゆくことでなければ人との調和はつくれません。意見の違いや思いの違いもお互いが認め合い、つらかった時代を許しあわなければなりません。そのことは、最も難しい選択なのかもしれません。しかし、最後には寛容の心で進むことを決めれば解決への道を広げます。寛容の心で人間のうつわを大きくすれば、安心・安寧の貯(た)まりが多くなります。寛容の心こそが、お互いが助け合える根底の力なのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月20日(日曜日)

ふとした直感をいただき、大事なことを始めなければならない瞬間があります。大事なことと感じた時点で「今すぐにやってみる」ことです。今すぐにできないことでも、まずはその準備をしたり、初歩的なことにでも取りかかることです。思い立ったが吉日です。今日のやる氣こそがチャンスです。今すぐやることは、信頼の獲得にもつながります。あなたの新しい能力との出会いも起こります。今日のあなたの前向きな思いは、明日にまで持続できるとは限りません。なぜなら、あなたの明日のやる氣は、だれも保証できないのです。「今、この瞬間」が人生を変える瞬間にもなります。今の行動が一日をつくり、一日の行動が一ヶ月後・一年後の人生を変えてゆくのです。「今すぐにやる」習慣を大切にすることは、あなたの未来に大きな違いをもたらします。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月21日(月曜日)

一念、信念をもって、役割りを果たしていきましょう。最後まで一貫して力を発揮し、活躍していく姿は尊いものです。懸命にやりぬくことは忍耐を養い、完成に向けての情熱を沸かせます。あなたの精神力は強固なものとなり、あらゆる課題や困難を打ち破るパワーを養成できます。最後まであきらめることなく前進しましょう。着実に前進していく中に、必ず幸運なめぐり合わせや予想外の援助にも遭遇できます。首尾一貫して強い思いの中、今日の役割りを、一念をもって貫いてください。心願成就まで、あと一歩です。あなたと直につながっている神さまは最後まで見守ってくださっています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月22日(火曜日)

自らの考えや行動を客観的に見て、反省点や改善点の見直しをしましょう。独創性や主観性は個人の能力を発揮する上でとても大切です。しかし、その行動が真に多くの人の役に立ち、発展性があるのか、冷静に分析しましょう。自らの心を観照して、自己満足に陥っていないか、ひとりよがりになっていないかを、今一度確認しましょう。瞑想する時間や神社・仏閣に参拝する時間をゆっくりと取り、自らの心の照らし合わせをしましょう。必ず改善点や発展への糸口が浮かんできます。
静かな心で観照し、本質をとらえていくことは、人生の節々において大事なことです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月23日(水曜日)

あなたの、衣・食・住に恵まれた環境での暮らしは、多くの生物の犠牲や、天然資源の大量消費の上に成り立っているのです。便利な現代社会においては、このような犠牲を少しでも減らしていかなければなりません。また、手間のかかること、汚れる仕事などを排除して、キレイで、肉体的負担の少ない仕事ばかりを求めてはいけません。負担を持ちながらも、陰ながらつらい仕事を引き受けてくれた人たちがいるのです。引き受けるべき作業・仕事があれば、あなたも積極的に参画しましょう。多くの気づきや発見・感動にも出会えるはずです。違うステージに立てば、多くの心の学習ができます。相手のいやがる事を快く引き受けてあげれば、素晴らしい人間関係が成熟することでしょう。一つの幸せには多くの犠牲の上に存在していることを忘れないでおきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月24日(木曜日)

今、この瞬間から、今日の役割を始めましょう。大宇宙のパワーは時間の中に存在します。時間を大切にすることは、神さまの意思を大切することにつながります。時間を大切にすれば、神さまが味方してくださいます。時間を大切にする人たちの集いができ、より高い次元での協力が可能になります。時間の組み方・時間の優先順位などをよく考えて行動すれば、すべてがうまく進みます。時間をマネージメントすることは、成果・品質を高めてゆく必須条件です。 今日のあなたに与えられた時間に感謝して、大切にしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月25日(金曜日)

人にはそれぞれの考え方・生き方があります。お互いの力を重ね合わせていくところに、人間のありがたい智恵があるのです。会議の中で激論を重ねるだけでは意見は集約しません。話し合いを重ね、調和していくことが大切なのです。相手の立場に立って話を統合し、まとめていくことです。それぞれの意見を少しずつ調整し、融合させてゆくことが大切です。最終的には正しい所・世の中の良識に集約されていきます。みんなが一つになれる環境が整えられてこそ大いなる力が団結し、素晴らしい実を結ぶことができます。調和と結合のお陰で、この世の生成発展が繰り返されてきたことを、人間の生きる智恵として残しましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月26日(土曜日)

この世は時間をかけて、まるい形状に近付いています。とがった物は角(かど)がとれて、やがてはまるい形状になっていきます。人の心や考え方も最終的にはまるくなってきます。安定している物は全て中心に求心力があり、その周りに円状に軌跡を描いています。これは、大宇宙がすべて円状の軌道をもち、球形をなしているからです。また、ミクロの世界でも、原子のまわりに電子が円状に軌道を描いています。人の目に見える世界も、大宇宙と小宇宙は相似形にあります。まるいものは、まろやかなココロ・まごころにもつながってゆきます。「ま」で始まる言霊に注目して、まるい波長を大切にしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月27日(日曜日)

健康はあなたの暮らしの基盤であり、大切な財産です。
その財産を守るためにも、意識を高め、健康づくりに積極的にアプローチしましょう。まずは健康を維持しようという堅固な意志をもつことです。時には忍耐や節制することも必要でしょう。具体的に健康づくりのプログラムをつくり、継続する覚悟を決めましょう。健康はあなたの「未来への信頼」です。あなたが活躍するための大切な資源であり、周りの期待に応えるための必須条件です。今日、具体的に行動を起こしましょう。自然界の摂理に反することなく、心も楽しめる方法で、健康という財を大きく蓄えていきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月28日(月曜日)

心を鎮めて、安寧の境地で、今日の決断・実行をすすめましょう。心がブレルことなく、周りに影響されることなく、自らの本心に従って、着実に一歩前進しましょう。途中の困難や障壁は、すべてあなたの試練であり、向上への学習ととらえ、平常心で歩みましょう。あなたの底力は、強い根っこに支えられています。多くの力ある人たちが必ず応援してくれています。初心を変えることなく、自らの理想に燃えて決断・実行の道を進みましょう。どこまでも平らかに、どこまでも安らかに進むことが最善です。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月29日(火曜日)

ここ一番、事を成就しなければならないときには、一切の邪を撥ね飛ばし、一心不乱に遂行しましょう。目標の達成に意識を集中させて、一意専心の境地で前進しましょう。前進の過程で勇気凛々と力が湧き上がり、成就への道が開けます。カラダを動かし、ココロを集中させる中で開運の勢いは増すのです。「今日が開運実行日」と宣言して、世のため人のための意識を起こし、邁進しましょう。すべてが神威増大のなかで拓かれていきます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月30日(水曜日)

祈念の強さは、どこまでも高めることが可能です。自らの幸せへの祈念、周りの人たちの幸せへの祈念、世界平和や人類発展への祈念など、限界を作る必要はありません。自らの方法で真剣に実践してください。出来るだけ時間や回数も増やすようにしてください。祈念して信ずる道は、やがては現実の道へと合流します。神さまが万全の準備をされ、最善の道を示してくださいます。そしてその実践を通して、真の神さまの教えや法則を、数知れず修得できるはずです。神さまの思いに直結できる生活に導かれます。念じ続けることは、神通力につながる百法をも得ることができるのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年1月31日(木曜日)

人間の身体はすべて、自らの意思を超えたところでコントロールされています。大切な臓器である五臓六腑も、自らの意思で動かしているものではありません。誕生の瞬間から、生命を維持・発展させるために、大いなる力によって活動しているのです。食べ物を消化する器官・血液を浄化する器官・酸素を取り入れ呼吸する器官などすべてが、あなたの見えない世界で見事に機能しています。そして、すべての指令搭である脳は、神経という神の経(みち)を通して、心身の安全と防衛を司っています。真(まこと)に有り難くも、神さまがつくったメカニズムの中に生命は活動しているのです。命の機能は、いつ何時でも神さまとつながった状態にあるのです。神恩感謝の中、すでにある自らの幸せを心に深く受けとめましょう。そして、そのご恩に報(むく)うべき生活に志(こころざし)を向けましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付




今日の開運メッセージトップページへ戻る

平成24年1月
平成24年2月






平成23年1月
平成23年2月
平成23年3月
平成23年4月
平成23年5月
平成23年6月
平成23年7月
平成23年8月
平成23年9月
平成23年10月
平成23年11月






平成22年1月
平成22年2月
平成22年3月
平成22年4月
平成22年5月
平成22年6月
平成22年7月
平成22年8月
平成22年9月
平成22年10月
平成22年11月
平成22年12月





平成21年1月
平成21年2月
平成21年3月
平成21年4月
平成21年5月
平成21年6月
平成21年7月
平成21年8月
平成21年9月
平成21年10月
平成21年11月
平成21年12月





平成20年1月
平成20年2月
平成20年3月
平成20年4月
平成20年5月
平成20年6月
平成20年7月
平成20年8月
平成20年9月
平成20年10月
平成20年11月
平成20年12月





平成19年1月
平成19年2月
平成19年3月
平成19年4月
平成19年5月
平成19年6月
平成19年7月
平成19年8月
平成19年9月
平成19年10月
平成19年11月
平成19年12月





平成18年10月
平成18年11月
平成18年12月

開運の社


 開運の社    All Rights Reserved Copyright (C) 2006