開運の社

開運の社とは
HOME
開運ニュース
祓所(はらいどころ)
今日の開運メッセージ
今月の開運のみこと
今月の開運パワースポット
今月のパワー文字
開運入門
ことだまの復習
開運パワースポット神社
解決への道
開運サポートプロジェクト
開運動画
開運写真
開運の壁紙
神社リンク集
開運リンク集

開運のすすめ
開運の広場(掲示板)
開運ツアー
出雲の開運祭
えびす招福祭
開運の酒
開運の音楽
お問合せ



開運の社

パワースポットNavi
パワースポットNavi

開運したいと漠然と思っていいるだけでは、決して開運できません。
本当に開運したいと願っているなら、あなたの「おもい」を「行動」を変えてください。

運命は「おもい」の結果です。


神社LINK LINK




開運の社携帯サイト
開運の社モバイル
開運メッセージ
パワー文字


開運の本

開運メッセージが本になりました。詳細はこちら



インターネットコンサルティング アルクジャパン

Powered by
Alkjapan


今日の開運メッセージを携帯電話のメールに毎朝お送りします。今日の開運メッセージ
募金箱能登半島地震災害義援金受付






平成19年12月31日(月曜日)

平成19年が終わりに近づいています。本年も、それぞれの人生でそれぞれの出来事があったことでしょう。とても苦しかったこと、辛かったこと、またどんなに努力をしても解決を見い出せなかったこともあったことでしょう。しかし、その結果、あなたは大きな大きな成長をいただけたはずです。成長の積み重ねが、あなたを心のやさしい人間へと導いてくれたのです。忍耐や本当のやさしさを学ぶことができました。すべては、それでよかったのです。成長出来た今年の自分を褒めてあげましょう。そして有り難くも、神さまは最後まで努力するあなたの姿を今日も見届けてくださっています。生きてゆく力を存分にいただけました。明日の夜明けと共に、新しい時代の幕開けです。すばらしい新年が必ず訪れます。今までの努力が開花して、すばらしい運勢・運気が必ず開けてゆきます。うれしいことです。あなたの役割・使命が本領を発揮できる一年となる事は間違いありません。今日の大祓(おおはらい)で全てを祓い浄め、すばらしい年越しの一日をお過ごしください。謹賀なる新年を皆さまの深い祈りと共にお迎えしましょう。







募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月30日(日曜日)

感謝感謝の連続に、未来の感謝すべきことの縁起(えんぎ)が生まれます。すばらしい吉祥は感謝の連続から生まれ、必ずその流れは繰り返されます。良い出来事は善循環を起こし、感謝を媒介として再現されます。この一年のすばらしい出来事にもう一度感謝して、来年の再現を祈りましょう。きっと来たる子年も、あなたに素晴らしい成長と心の安らぎを与えてくださることでしょう。そして感謝の中で、もっと素直な心で人さまのお役に立てることを願いましょう。「ありがとうございます。」の響きが、あなたの胸に最後まで残る今日の一日をすごさせていただきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月29日(土曜日)

時間は充実感とともに貴重なものへと意識づきます。今日の一日の有り難さ、周りの人の協力に大いなる感謝をしましょう。年末年始にあなたと一緒にいる方々はあなたとの大切な時間を共に過ごされ、心を一つにした人たちです。最も感謝の意を伝えなければなりません。一年の感謝の思い・気持ちを素直に言葉で表現しましょう。「ありがとうございます。」の感謝の言葉は声に出してこそ、魂(たましい)のふるいが起こり、言霊(ことだま)となって、相手のこころに伝わるのです。言葉だけではなく、行動でもお返しをしましょう。年末年始には態度・行動で恩返しができる機会がたくさんあります。恩返しが出来た分が、すばらしい波動に変化して、未来の運勢を清らかにして、その力を蓄積します。すばらしい柔らかな言霊で今日を満たしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月28日(金曜日)

人は、大切な時間の中で呼吸をさせていただき、食事をさせていただき、仕事をさせていただいています。時間という「間(あいだ)」があるお陰で、休息もいただけています。平素は時間を気にしない人も、年末は皆、時間と向き合って過ごしています。大いに充実した時間を創造して、未来への開闢(かいびゃく)に備えましょう。時を大切にすれば、すばらしい時間の御褒美がいただけます。時間に裏切られることなく、天が味方についてくれます。時の刻みを有り難く噛み締めて、充実した年末をすごさせていただきましょう。時が全ての価値の土台です。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月27日(木曜日)

人が口からいただく食べ物には、すべてに神さまが宿っています。神さまの宿ったイノチをいただき、次なる生命をつないでいるのです。ありがたくも食としていただける物は、大いなる食の神さまである保食(うけもち)の神さまが司っておられます。まずはお供えをさせていただき、そのお下がりをいただいていることを自覚しなければなりません。食のあつかいを粗末にすることは、神さまを不敬にすることです。神恩感謝の深い心で大切にいただきましょう。食は運命をも支配します。食の扱い方いかんであなたの運命・運勢は変わるのです。慎み敬い、食に感謝してイノチをカミいただきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月26日(水曜日)

心静かにして、平らかなる思いを常とし、聖なる声に耳を傾けましょう。あなたの真の役割が何なのか、本当の得意とすることが何かを、今日の時間の中で一度検証してみましょう。来たる年には新しい時代が始まります。あなたの進む道には新風が吹き、新しい境地が開かれてゆくことでしょう。そのためにも、静かなる時間のなかで自らを見つめ反省して、未来への準備をしましょう。大切な情報がたくさん届いています。忙しさに翻弄(ほんろう)されることなく、充実した時間の中で計画の下準備してください。元日には不思議とすばらしい風の中、新しいアイデアがいっぱい計画に加えられるはずです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月25日(火曜日)

すばらしい吉祥の出来事があなたの想念から準備されています。未来に起こりうる、すばらしい出来事を想念の中で完了させ感謝の言霊を唱えましょう。あなたの心願成就の実現は強い想念を発信する事より準備されています。強く念じてあなたの心願が多くの人への幸せに直結していることを確定させましょう。周りが幸せになるシナリオを強く念じて、幸せと繁栄が実現してゆくことをイメージしておきましょう。未来にも感謝の言霊を唱えることは、すばらし出来事を起こす確率を高めることになります。感謝の花園の中を「ありがとうございます。」の言葉と共に未来へ駆けだしてゆきましょう。あなたの未来は瑞々(みずみず)しく輝く栄光の中に準備されています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月24日(月曜日)

「ありがとうございます。」は、感謝の言霊の中でも、神さまにまで通じるやさしい響きの言葉です。まずは平素から、あなたの最もそばで支えて下さっている人に、神さまにも通じる波動で「ありがとうございます。」と真ごころ込めて伝えましょう。近くにいる人への感謝があってこそ、神恩感謝の道にも進めるのです。身の回りの人への感謝を忘れてはいけません。あなたが身近な人に「ありがとうございます。」を発信した時から、素直な心へと向上し、周囲との環境をなごやかなもの変えることができます。感謝は、近い方から順に形にしてゆきましょう。身近な人に感謝できることこそが、あなたの本当の魂を磨く基礎能力です。「ありがとうございます。」を発信してゆくことで、もう一度、感謝の忘れ物がないかを再確認しましょう。そして、今日も感謝の道を懸命に歩みましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月23日(日曜日)

自らの内なる神魂(カムタマ)磨きの第一歩は、現状への感謝を深めることからです。すでにあなたは、多くの奇跡と幸せの基盤となる心の安寧を、神さまからいただいているのです。日夜、心臓の鼓動は休むことなく安定して打ち続けています。体内の見えない臓器も、私たちの願いを超えた世界で活動してくれています。また、あなたの周りにはあなたの気づかないところ、見えないところで、多くの人たちが具体的な行動で支え、応援して下さっています。中には希望をしなかった事や願ってもいない領域にまで、あなたの成長や向上を支援してくださっています。このように、神さまが指揮する大きな力のもとで、人の生命は潤い、活動を続けています。人は、まずそのことに感謝し、その感謝を言動に変えてゆくことが最も大切なことなのです。感謝の対象をどんどんと広げ深めてゆけば、その先に行動すべきことは自ずと見えてきます。感謝を通じて起因する言動は、神への道に通じます。自らの神魂磨きに拍車をかけましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月22日(土曜日)

神さまの御力が宿る依代は、神鏡であったり御幣(ごへい)であったり大麻(おおあさ)であったりします。もちろん人の心や魂にも神さまは宿り、その人の活躍や言霊を通して神さまの意思が具現化されてゆきます。人は言葉を発することができ、また、行動を通して想念を実現させてゆくことができます。現実世界で動くことができ、活躍することができるのです。人間は、魂(=神意の理想)が止(とど)まる生命です。神さまの宿れる生命体なのです。人はこの重大さに気づかなければなりません。神さまは、人の魂が神の意思の依代となり、活躍することを理想とされているのです。人の生命を神さまの御心の通じるパワーにかえて、神さまの期待に応えてゆきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月21日(金曜日)

今日、あなたとの出会いを準備されている方は、あなたにとって、とても大切で意義のある方です。その方と充実した時間をすごせるよう、万全の準備をしましょう。もし、あなたがサービスを受ける側であれば、相手の誠意と真ごころに深い感謝を表し、それに応じた代価を支払いましょう。もし、あなたがサービスを提供する側であれば、親切・丁寧に真ごころを込め、その役割を果たさせていただきましょう。また、受け取る代価以上のサービスが提供できたかを確認して、質の向上をめざしてゆきましょう。人は出会いの中で成長の機会をいただきます。そのご縁に神恩感謝すること、そして質の向上を目指し、互助の精神で生きてゆくことで、次なる高次の世界のご縁へと発展してゆくことでしょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月20日(木曜日)

五臓には、強靭な神君が宿っています。心身のエネルギーの源であり、生命の大調和の活性を司っています。中でも肝臓・腎臓を強靭に保ち、生命の息吹を放つ意識をみなぎらせてゆきましょう。どんな堅固な磐(いわお)をも砕くパワーをいただけます。快濶(かいかつ)なる活力のなか、前進・発展させてゆきましょう。今日のあなたには、夢を実現できるエネルギーが潜在しています。五臓に喝(かつ)をいれ、心底から息吹を放ち、行動をはじめることです。可能性に挑戦しましょう。運勢・運気はあなたに味方してくれています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月19日(水曜日)

今日、与えられた環境が、あなたにとって不足であったり困難な事であっても、決して不満に思う必要はありません。今日の不足分は、あなたの向上心への励ましであり、忘れてはならない感謝への戒(いまし)めでもあるのです。湯飲みに入っている半分のお茶をみて、不足を語るのか、その半分のお茶に感謝するのかの違いで、あなたの心の豊かさの成長に大きな差がでます。今日の与えられた環境は、過去の功績の結果であり、未来の課題への提唱なのです。謙虚に現実を受け止め、より深い感謝をもって、正しい行動のもとで現実を打破してゆきましょう。その過程で多くの学習に出会え、志を同じくする友にも出会えるはずです。その道でしか味わうことができない充実感や感動は多くあります。今日の環境をしっかりと受け止めて、積極性・力強さの中で向上してゆく心を固めましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月18日(火曜日)

古いものを改め、一新させてゆきましょう。新しい風が吹いてきます。変化させ改善してゆく努力の中に、新しいアイデア・新しいご縁をいただけます。すばらしさの継承は、見えないところでの微妙な変化の積み重ねがあってこそです。人の細胞も決して変化しない部分と、旺旺と変化する部分とがあって、活力を維持しています。人の心の持ち方や考え方も、決して変えない所と、時代や世相に添って柔軟に対応してゆく部分とが必要です。新風のなか脳内を快活・壮快にめざめさせ一新させてゆきましょう。新しい流れの中に必ず改善への希望が発見され、順調に物事が流れてゆくことでしょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月17日(月曜日)

決してまわりの人を悩ませたり、困らせたり、苦しめたりしてはいけません。そのような言動では、良好な運気運勢は開けません。相手の気持ちや境遇を思いやり、やわらかな波長の言葉で丁寧に会話を進めましょう。怒りや激しい口調の中には、運勢を上向きにするものはありません。また、真(まこと)の世界に近付く事もできません。神さまから見て、まわりをも美しくしてゆく心構えがなければ、良い循環はしないのです。すばらしい流れと善循環に乗っかれば、困難なく物事を前進させてゆけます。心の根っこの大そうじを試みて、美しい心の原点を再発見してゆきましょう。あなたにしか輝けない心の美しさが必ず存在するはずです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月16日(日曜日)

「素直道」とは、素直な心で、いつも謙虚かつ前向きに生きてゆく姿勢のことです。素直とは神さまと素(す)で直交する心の様態です。素直な心の状態は、あなたを安全な所に導き、賢明な行動を取らせ、好機が来れば積極的にその役割を果たさせます。素直な心は人の和を好み、和睦のなかで事業を進めてゆきます。また、素直な心には幸運の女神が宿り、常に、運勢・運氣を開いてゆく心の準備をしてくれます。素直な心を自らの目標の起点にすえましょう。まずは、素直ありきです。素直だからこそ、人間として、神さまの意思に添った成長を果たせるのです。「素直道」こそが、一直線に進んで間違いのない、成長・成果の道・普遍の王道であるのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月15日(土曜日)

今日は15日です。お一日に続いて、月の真ん中でもう一度、神の御柱(みはしら)と自分の御柱(みはしら)の一対(いっつい)を再確認しましょう。お榊(さかき)も新しいものに替え、お塩やお神酒(みき)も取り替えましょう。すばらしい聖なる場を、リフレッシュして再調整しましょう。そして、ご神語(しんご)の「幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)守り給え幸(さきは)え給え」をしっかりとお唱えしましょう。真(まこと)の幸せは遠くには存在しません。あなたの心の中にあり、最もあなたの近いところに存在するのです。あなたが当たり前と思っている小さな幸せにも丁寧に感謝して、幸せの振るいを鼓舞しましょう。あなたも幸せ、まわりも幸せの波動の響きが広がってゆきます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月14日(金曜日)

あなたの前にいる人は、すでにあなたに沢山の情報や学習を与えてくださっています。人生で出会う人は、みな良き師(し)です。あなたの師なる人は、いつもあなたの心の近くに存在して、時にはきびしく、時には根気よく導きを与えて下さいます。大人であれ子どもであれ、大切な気づきを無言のメッセージで伝えてくれる時もあります。立場の上下にこだわらず、みんなが先生であり、みんなが生徒になって謙虚に教えを授(さず)からなければなりません。気づきと学びの機会を、天は出会いによって与えて下さっているのです。人みな良き師であり、恩人・恩師であることに気づかなければならない人も多いはずです。謙虚な姿勢で、学びの場・学びの人に感謝の再確認をしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月13日(木曜日)

人の肉体・心・精神・魂はみな、大宇宙からのエネルギーを引き嗣いだものです。太陽系の中に位置する地球上の全てのものは、日嗣(ひつぎ)から成り立っています。つまり、太陽の光りの波長から継承されたものであり、光そのものが全てのルーツになるわけです。生命体はまず光のエネルギーを存分に受け、光り輝くことを使命に、その種を繁栄させています。人も太陽からの光りを受け、そして、そのエネルギーを光り輝く言葉・光り輝く行動に増幅させて、生命を燃焼させています。その過程には瞳の輝く人もあれば、表情そのものが光の波長を発している人もいます。そして、大宇宙の光の一番の願いは、まわりを輝かせ、時を越えて輝く生命です。それは万人に与えられた使命であり、「日嗣(ひつぎ)」である人の生命全てが持つ能力なのです。言葉が光り輝く行動に変化してゆくとき、一層輝きを増し、すばらしい光りを発していくことでしょう。「光り輝くこと」これこそが大宇宙の大願なのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月12日(水曜日)

心を安寧にして、清浄なる氣を保つことで、八百万(やおよろず)の神々は必要に応じて神威を発揮してくださいます。我が身の六根を清浄にして、心を安寧にし、天地の神々と清浄なる氣を交流させましょう。そのために、まずは浄められた清浄なる場所を確保しましょう。場を浄めることは、心の映(うつ)しの結果であります。心の清浄は、すなわち、あなたの身のまわりの清浄です。目に見える所はもちろん、見えない所も一度清浄なる基準に戻しましょう。次に、心清浄にして神恩感謝のなかで祈念いたしましょう。神聖なる神々は清浄なるレベルに応じて宿り、その神威を増して、人々を生成発展させてゆきます。みごとなる神わざの到来です。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月11日(火曜日)

人はみな、それぞれの星のもとに生まれています。「星のもと」とは個性であり、独立性であり、受け持つ役割であります。神さまはすべての人に崇高な役割と使命を与え、現(うつつ)の世に送りだしたのです。「生命」という、大宇宙とつながっているエネルギーのパイプを通して、寿命のある現実を循環させているのです。人はみな、星の輝きと同様に魂の輝きをもっています。光り輝くエネルギーをいただけているのです。人生をうれしく、楽しく、ワクワクさせて輝かせましょう。光り輝かせることが一番大切な事なのです。そして、万人に与えられた「生命」を活躍させる「時間」を有意義に活用しましょう。必ずや、あなたの光り輝きが、まわりをも輝かせるキラキラとした明星に進化していくことでしょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月10日(月曜日)

今日もまた進歩し、少しでも良くなる自分を信じて、改善点を確認してゆきましょう。今日の作業や仕事は、すべて未来の夢と希望実現のための準備です。一歩進むごとに、着実に鮮明な未来が見えてきます。少しでも改善してゆこうと心に決めて行動を起こしましょう。今日の努力は、あなたの未来にとって必要なものであり、必ず重要なことに発展してゆくものです。努力するあなたには、見えないところで協力者が増えています。夢を大切にして希望をふくらませ、祈り念じて今日を大切に進んでください。神さまの望む方向へと歩んでいることは間違いありません。大丈夫です。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月9日(日曜日)

神社に熱心に参拝することや、ご神事に参加してご神氣に触れることは、とても大切なことです。しかし、神さま事に熱心なあまり、人間事(ごと)をおろそかにしてはいけません。人間としての当たり前の行動や、日々の生活を規則正しく過ごすことができて、初めて神さま事も生かされてゆくのです。神さまへの道を習得してゆくことは、生活習慣の最高規範を実践してゆくことです。神の道・人の道は同一線上にあります。現実離れした考えや行動には神さまは宿りません。しっかりとした基盤に立った上で、神さまへの敬拝を行ないましょう。現実の生活の中にこそ、神さまの宿るヨリシロが存在するのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月8日(土曜日)

真心を持ち、まじめに日々を生きている人には、必ず生き方の指針となる心のメッセージが届けられます。自らの胸に手を当てて、あなたの信ずる所に心をつなげましょう。沈黙の声で届けられた大切な情報に気がつくはずです。時には親の声で聞こえたり、ご先祖さまのやさしい声で聞こえたり、また、荒神(あらかみ)さまの厳しい声で聞こえたりします。そのような聖なる声が胸に届いたら、心の奥底でその言葉を復唱してみてください。真の強い言霊(ことだま)に変わるはずです。大きな気付きや、すばらしいヒラメキをいただけるはずです。一度立ち止まって、慎重に行動が起こせるはずです。いただいた言葉に従って、充実した一日に心を活かしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月7日(金曜日)

今日、心清らかな状態で決定されることを実行に移しましょう。吉祥の始まりは、清らかな心の動きからです。実行できる有り難さに気づいて、感謝の中で物事に取り組みましょう。すべては万全に準備されてゆき、絶大な神さまのご加護をいただけることでしょう。この一年の成果・努力が報いられるように、あなたには陽光のエネルギーが降り注いでいます。まわりの協力も絶妙のタイミングで集まって来ています。今日あなたができる事に徹して、世のため人のために我が身を活かしてゆきましょう。今日の一日を真ごころ込めて仕上げてゆきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月6日(木曜日)

人の喜びを我が喜びとして、まずは相手の喜ぶことを第一にやってゆきましょう。一人の喜びが、徐々に輪のように広がり、万人の喜びに変化することもあります。自らの智恵の中に「人喜ばせ」のアイデアはいっぱいあるはずです。あなたには、相手を心から癒せる慈愛がいっぱいあるはずです。人の脳や心に潜む能力は無限で崇高です。本来の使い方を発揮すればする程、智恵や能力は威力を増します。人さまのために活用してこそ、次なる成長・発展があるのです。あなたの知恵や能力を眠らせることなく、目の前にいる人たちを喜ばせる行動を起こしましょう。そうすれば、形あるもの・形のないもの、すべて望むものへと変化してゆきます。あなたの、相手に喜んでいただきたいという志(こころざし)の強さにすべては掛かっています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月5日(水曜日)

根気よく一事に専念して最後まで貫く姿勢に、神さまは奇跡の力を注ぎます。些細な作業や仕事も、大いなる業に発展してゆくことは数多くあります。初めは予想していなかった好機に出会えたり、思ってもいなかった好結果を得られたりします。すべては根気の中に存在する、奇魂(くしみたま)の計らいと活躍のお蔭によるものです。奇跡は継続の中にこそ起こるものなのです。コツコツ物事に取り組み、心の波を平常に保ち、根気よく続けましょう。大きな仕事は、神さまが仕上げてくださいます。人間にできるのは、小さな作業をコツコツと積み上げてゆくことだけです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月4日(火曜日)

与えることは自らの力を強くする事であり、高い次元での判断を学習する機会となります。与えることが崇高な使命であり、歓びである意識を高めましょう。あなたの前途にはあっ晴れな人生が揚々として拓けます。「私」ではなく「あなた」を尊重した選択を選んで進めば、必ず問題は解決へと進み、心穏やかな場所が形成されてゆきます。与えること・譲ることを選択してゆけば、あなたの魂はどんどんと活躍する場所を発見することでしょう。魂の歓びの場所、活躍の場所を切り拓く絶好のチャンスが、今日のあなたの前に存在しています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月3日(月曜日)

当たり前にやるべき事は必ず完遂しましょう。不注意や確認不足で中途半端に置き去りにしないで、完成させ、終了させることを大事にしてゆきましょう。当たり前のことをキッチリとやり終えると、まわりの人の信頼を得て協力をいただけます。また、当たり前の事に真剣取り組めば、不思議にも道は拓かれ、最後には幸運をも呼びこむことが出来ます。為すべき事の基本は後回しにすることなく、先取りして前進させてゆきましょう。そうすれば全ての物事は、楽しさの中で快適に進みます。当たり前の事をもう一度強く確認して、着実な成果を獲得しましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月2日(日曜日)

心を安定させ平常心で、平素からご祈念している方向に歩みましょう。迷いや誘惑に惑わされることなく、ブレルことなく、あなたの心に決めた道を歩みましょう。思いつきや、想定外の行動を起こすことは危険です。あなたが、いつも神さまの前で誓約している内容に、忠実に真心込めて行動を起しましょう。心を定め、行動をしぼり、一意専心して力を集めましょう。あなたの本業と得意とすることに、集中力と継続力を加えましょう。必ず成果は豊熟し、真の幸せとしてあなたの心に潤いをもたらしてくださいます。心を定めてコツコツと邁進しましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成19年12月1日(土曜日)

神様の御柱(みはしら)と人間の脊柱(せきちゅう)を月に一度、一対(イッツイ)の柱にして立ち(タチ)直す儀式をおツイ・タチ参りといいます。つまり神さまと人が一対(イッツイ)になり、神さまの基準・神さまの考え方に立て直してもらうのが、お一日(ついたち)参りなのです。氏神さま・崇敬神社にしっかりとお参りください。
この一年の総仕上げのひと月として、元気に活力溢れる生活をしましょう。前もって計画を立て、来年の準備も早めに仕上げましょう。すばらしい一年の成長を確認して、悠々たる師走をすごしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付




今日の開運メッセージトップページへ戻る

平成24年1月
平成24年2月






平成23年1月
平成23年2月
平成23年3月
平成23年4月
平成23年5月
平成23年6月
平成23年7月
平成23年8月
平成23年9月
平成23年10月
平成23年11月






平成22年1月
平成22年2月
平成22年3月
平成22年4月
平成22年5月
平成22年6月
平成22年7月
平成22年8月
平成22年9月
平成22年10月
平成22年11月
平成22年12月





平成21年1月
平成21年2月
平成21年3月
平成21年4月
平成21年5月
平成21年6月
平成21年7月
平成21年8月
平成21年9月
平成21年10月
平成21年11月
平成21年12月





平成20年1月
平成20年2月
平成20年3月
平成20年4月
平成20年5月
平成20年6月
平成20年7月
平成20年8月
平成20年9月
平成20年10月
平成20年11月
平成20年12月





平成19年1月
平成19年2月
平成19年3月
平成19年4月
平成19年5月
平成19年6月
平成19年7月
平成19年8月
平成19年9月
平成19年10月
平成19年11月
平成19年12月





平成18年10月
平成18年11月
平成18年12月

開運の社


 開運の社    All Rights Reserved Copyright (C) 2006