開運の社

開運の社とは
HOME
開運ニュース
祓所(はらいどころ)
今日の開運メッセージ
今月の開運のみこと
今月の開運パワースポット
今月のパワー文字
開運入門
ことだまの復習
開運パワースポット神社
解決への道
開運サポートプロジェクト
開運動画
開運写真
開運の壁紙
神社リンク集
開運リンク集

開運のすすめ
開運の広場(掲示板)
開運ツアー
出雲の開運祭
えびす招福祭
開運の酒
開運の音楽
お問合せ



開運の社

パワースポットNavi
パワースポットNavi

開運したいと漠然と思っていいるだけでは、決して開運できません。
本当に開運したいと願っているなら、あなたの「おもい」を「行動」を変えてください。

運命は「おもい」の結果です。


神社LINK LINK




開運の社携帯サイト
開運の社モバイル
開運メッセージ
パワー文字


開運の本

開運メッセージが本になりました。詳細はこちら



インターネットコンサルティング アルクジャパン

Powered by
Alkjapan







平成19年4月30日(月曜日)

祈念の強さは何処までも高められます。

解説:
祈念は体力以上のことを可能にします。祈念は精神力以上のことを可能にします。祈り念じて暮らしを始めると不思議な力がいっぱい湧いてきます。自分で限界をつくる必要はありません。必要・必然に応じて何処までも強めてくれます。神さまは、あなたの真剣な祈念と情熱ある行動に応えてくださいます。結果を必ず好転させてくださいます。信ずる世界が現実の生活に直結すれば、すべてをお任せましょう。お預けしましょう。託しましょう。すべては万全に進み最善の結果が待っています。「真剣に祈念」・「情熱ある行動」がすべてを幸せに導きます。










平成19年4月29日(日曜日)

最もそばにいる人を最も大切にしよう。

解説:
あなたの最もそばにいる人、その人は神さまが最も大切な人としてご縁をつくって下さったものです。人生最大の幸福・最大の宝物はすばらしい人とのご縁をいただけることです。今、最もそばにいる人は有り難いご縁であり、本来はあり得ないご縁かも知れません。当たり前のように暮らしている毎日も、そばにいる大切な人の陰ながらの力が存在するからです。「空気」のように思っている人でも「空気」こそが大切な存在です。この世で最も大切な人を最も大切に出来ているかを再確認しましょう。「感謝の忘れ物」をしていないかを確認しましょう。今日、最上級の感謝の言葉を表現して発信しましょう。お互いがご縁に感謝できれば一層すばらしいことです。宝物は大切にすればするほど「お宝」に発展してゆきます。










解説:
何かひとつでも人さまの喜びとなる事を実践しましょう。一日にひとつ周りの人に喜びを与えましょう。笑顔で人さまのお話を聞いてあげましょう。気持ちよく席を譲りましょう。率先して荷物を持ってあげ手足の楽になることを実行しましょう。どんな事でも明るく快適に人さまのお役に立ちましょう。能動的に出来ることは気づいたことから実践しましょう。神さまの基準で喜ぶことは人はみんな喜びます。そして、おのれの喜びも真(まこと)の歓喜として最後に感受できます。今、恵まれているあなたは、神さまの喜びと直結しています。うれしくて楽しくてたまらない、あなたの活動を神さまは期待しています。「よろこびの連鎖」をどんどんと起こしましょう。










平成19年4月27日(金曜日)

打てば響こう、こころはシンバル。

解説:
こころ弾ませ、楽しさいっぱいに言葉を発しましょう。あなたの楽しいこころの波長は周りのこころにも響いています。どんどんと共鳴して、よい波長は広がります。元気な響き・明るい響き・やさしい響きの波長を広げましょう。多くの方の期待に応えてあげてください。あなたのこころはシンバルです。楽しさ明るさの発祥地です。楽しい音霊(おとだま)・明るい言霊(ことだま)は魂(たましい)を歓喜(かんき)させ幸福へと誘(いざな)います。響き合う魂の共鳴のなかで幸福への奏(かな)でを共に楽しみましょう。










平成19年4月26日(木曜日)

決めてゆくことは前進することです。

解説:
この社会は「決め事」で運営がなされています。「決め事」はハッキリと明確に文章にしてゆかなければなりません。時間・場所・方法などを明確に書き留めて決めてゆかなければ何も前進しません。一番目の心の決定・素直な心の決定・心の中にまっすぐ降りてきた直感に頼って、まずは決定することです。心の決定は予想される結果を定めて判断されるもので、初めから完ぺき・完全なものではありません。決めた結果がうまくゆかなければ、調整したり変更したりしてうまくゆく方向に向きを変えればいいのです。進むなかで必ず正しい「決め所」に出会えます。決めてゆくことは前進することです。決めてゆくことは方針に強い方向性を与えます。「決め事」を明確に文字に書き留め、心に強く刻んで行動しましょう。さあ、今日は前進させる日です。どんどんと決めてゆきましょう。そして力強く行動を始めましょう。今日の行動は開運・強運の始まりです。










平成19年4月25日(水曜日)

万人万物すべてが生成発展しています。

解説:
大宇宙のエネルギーはすべてを生成させ発展させる方向に広がっています。太陽の光りは成長する生命の根元にエネルギーを注いでくれています。まずは、成長できる力に感謝しましょう。日々、人間はこころと体を成長させて、生活する力を発展させています。自分の成長・まわりの人の成長・社会の発展が続いているからこそ、喜びと希望が持てる暮らしが出来るのです。夢を持って夢の実現に努力することは生成発展する宇宙の力の根元を信じる事と同一上にあります。未来にわたり、こころも成長・魂も成長しています。大宇宙のパワーは皆を幸福へと導く力を与え、人間の成長を大切に見守ってくれています。地球の力に感謝・太陽の光りに感謝・大宇宙の不思議な力に大感謝です。










解説:
許しの精神を持って話し合いができる人は強い心の持ち主です。最後は許しの精神でお互いを認め合わなければ和睦は進みません。人を許すことは勇気と忍耐を必要とします。しかし、大人になるということは許せる範囲が広がることです。成長と共に許容の範囲がを広げなければなりません。お互いが理解して認め合うことで真の会話が始まります。その第一段目は許し合うことです。成熟した人間関係はすべてが許し合える関係です。本当に清く明るく素直な心は許し合える関係が基盤となり発展してゆきます。あなたの澄みきった叡知(えいち)は必ず許すことを応援します。一歩踏み出して許容範囲を広げましょう。今までとは全く違う会話が始まることでしょう。










解説:
おこり・いかりの波動をなくして、こころ平安に暮らしましょう。神さまの宿る聖なる場は静寂で清らかで平らなところです。どんな人の心にも平安で安寧な境地は保証されています。内なる神さまに本領を発揮してもらうためには氣の整え安寧の場が必要です。やわらかな言霊・やさしい言霊を多く発信して神さまに通じる道をハライ・キヨメましょう。物事の始まりには特に大事です。










解説:
人間の細胞は日々蘇生を繰り返して再生しています。いつも新しい細胞に生成され新鮮な肉体を保っています。また、あなたの考え・想念・意識も常に新しく若くて刺激的です。古い考え・意識は必要としません。大自然はいつも大調和の中で摂理に従って生成発展をしています。人間もその大きな循環・摂理の中で生命をつないでいます。大いなる泉から湧き出るエネルギーをいただきながら新鮮な細胞・肉体を創造しています。今日の新鮮な我が身の肉体・血液・想念・意識に溌剌(はつらつ)とイブキを吹き込みましょう。若くて新鮮な意識を刻み込みましょう。希望にあふれる未来・新生される人生が期待されています。蘇(よみがえ)りの力は神泉(しんせん)の源より全枝全葉(ぜんしぜんよう)に巡らせています。本当にありがたい大自然の摂理を今日も感謝で享受させていただきましょう。










解説:
あなたのことを皆が愛しています。今、ここであなたを助けようとしてくれています。あなたのまわりは慈愛に満ちあふれています。強がらなくていいのです。本当の素直な自分に戻れば多くの援助に恵まれます。人間は群がって生きている動物です。一人で生きる力は元からありません。助けをいただいて今までも生かされて来たのです。自分の出来ること、受け持ち分をまじめにこなせばいいのです。あとは出来る人に任せましょう。皆が互助の精神を持って暮らせば、困る事は何一つ起こりません。一人で進もうとするから困難に遭遇するのです。あなたを愛している人はたくさんいます。出来ないこと、弱っていることを隣人に打ち明けましょう。必ず解決できる人とのご縁ができます。絶対に大丈夫です。










平成19年4月20日(金曜日)

「大丈夫」と言い切れば本当に大丈夫

解説:
大丈夫という言葉には不思議な力があります。大丈夫と言い切れば本当に心も体も大丈夫です。自信と勇気が湧き上がり前進することができます。あぶなげなく、間違いなく進みます。目標を達成させ、物事を成就させます。大丈夫という強い言葉を心に刻んで物事に当たると強い結果を生みます。自信をもって行動・実行に移せます。人間は心に刻まれた言葉の通りに動きます。すべては、大きな力に包まれて大丈夫です。あなたをいつも見守って下さっている神さまは偉大です。言い切った時点で絶対大丈夫です。ご神氣のあふれる中で能力を啓(ひら)いて下さい。さあ実行・実現へと進みましょう。強運が必ずあなたを味方してくれます。










平成19年4月19日(木曜日)

幸せは身近な気付きの中にあります。

解説:
幸福を探し求めて旅をしても、どこにも見つけることは出来ません。
幸せは探して見つかるもの・求めて手に入るものではありません。幸せは身近な気付きの中にすでに存在しています。身近な場所・身近な人・今日という一日の中で感受するものです。すでにあなたが包まれている大きなエネルギーの中に存在しています。今日も健康に暮らせるのも大きな幸せです。今日も人と楽しく・心地のよい会話ができ、快適な一日が過ごせるのも大きな幸せです。今日もまわりの人に感謝・神さまに感謝して真心(まごころ)で「ありがとうございます」の言霊(ことだま)が発信できることは最高の幸せです。気付いてゆけば幸せ・幸福・至福の境地に満ちあふれます。こころの中には百福・千福・萬福の世界が広がり、今日も必ず幸せな一日に運ばれてゆきます。










平成19年4月18日(水曜日)

大笑いの中にヒラメキが起こります。

解説:
笑いの力はあらゆる扉を開(ひら)けます。笑いはすき間を開け、笑いは凝固(ぎょうこ)を解(と)きます。また、脳細胞に酸素を送り活性化させます。笑いの中には邪や魔をはね飛ばすハライの力が存在します。笑うことは人の幸せの始まりであり、幸福を継続する潤滑剤です。そして、大笑いには人を幸せにするアイデアが潜んでいます。大笑いの中にヒラメキが起こります。自分のため、人のために真剣に笑いましょう。このヒラメキは次の幸せを呼び起こします。人の幸せ・人の健康がどんどんと集まってきます。「笑う門に神来たる」です。










解説:
こころ晴れ晴れにして、いつも祓(はら)い清めの道を進みましょう。想念はいつも邪や魔に接しています。常に祓いを必要とします。根っこの考え方が清浄であれば起こる現象も清浄の中で現れ、円滑に物事は成就します。あっ晴れなこころを基準にして澄み切った未来が見える想念で今日の決定をしてください。決めてゆくことは大切です。澄んだこころの世界には必ず澄んだ心の人たちが集います。正道を歩む人たちは、倦(う)まずたゆまず同じ道を歩んでいます。










解説:
あなたのささやかな生き方・平凡な生き方に、神さまは「大切な力」・「力強いご神氣」をたくさん届けています。あなたの質素さ謙虚さ平凡さを本気で神さまは応援しています。あなたがささやかな暮らし・ささやかな人生であっても神さまはあなたを必要としています。大切に大切にしています。本当に光りを照らしたいのは、あなたのひたむきな姿勢そのものです。誠実で手をぬくことを知らないあなたの生き方です。光り輝く姿はあなたの心の中にあります。本当の幸福とは神さまから光り輝く言葉をたくさんいただき、こころ豊かに過ごせる時間がたっぷりとあることです。ささやかな生き方にこそ神さまの御力(おちから)を反映させる事が可能なのです。ささやかな事にも自信を持って熱心に完成をさせてゆきましょう。中途半端ではだめです。どんな所にも光り輝くご神氣は届いています。










解説:
今日は15日です。お一日に続いて月の真ん中でもう一度、神の御柱(みはしら)と自分の御柱(みはしら)の一対(いっつい)を再確認しましょう。お榊(さかき)も新しいものに変え、お塩やお神酒(みき)も取り替えましょう。すばらしい聖なる場をフレッシュにして再調整しましょう。そして、ご神語(しんご)の「幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)守り給え幸(さきは)え給え」をしっかりとお唱えしましょう。幸せの魂はいつも
言霊でふるわせることが大事です。「言霊のふるい」が誘発して幸せな思いを優先的に起こすのです。まずは、幸せな思いを一番に思い浮かべご神語を唱え感謝しましょう。幸せな出来事・奇跡なる出来事が静寂の中でに生まれ起きてゆくことでしょう。










平成19年4月14日(土曜日)

精神力の養成こそが開運の真髄

解説:
肉体も頭脳も精神に支配されます。どんなに肉体を鍛(きた)えても精神力がなければ活かされません。どんなに頭脳が明晰(めいせき)で優秀であっても精神力がなければ活躍できません。すべては精神力の支配下にあるのです。精神力を養成しなければ個人の実力は発揮されません。精神力とは神さまとの誓約(せいやく)を実行してゆく中でのみ養成されます。単に根性・忍耐を鍛えても意味はないのです。神さまとの約束事を確実に果たしてゆき、神さまから与えられる課題・役割りをコツコツと果たす中に精神は養われてゆきます。時には厳しくて困難な課題も与えられますがその結果、神の力に精通する力や奇跡を起こす神通力も培われてゆきます。どんな事にも神さまに確認して誓約しながら人生の課題・役割りを果たしてゆきましょう。これこそが天意の役割りを果たせる開運の真髄です。










解説:
人間が複雑に考えることの結論は損得の計算と自己を防衛する方法です。このことは、人間関係や最終的利害においてよくない結果に向います。人間には神さまと直結している直感力を持っています。難しい事象ほど直感を信じ単純明快な手法で解決しなければなりません。単純化することはとても大事です。神さまと直結している答えはすべて単純明快なことばかりです。小細工を必要としません。そして答えは短いです。今日のあなたの直感力は清められ清浄の中にあります。自らの直感を信じ行動を起こしましょう。今日は開運実行日です。










平成19年4月12日(木曜日)

天与の恵みに有り難く感謝しよう。

解説:
この世はすべてが天与の頂き物です。天与の仕事、天与のご縁、天与の役割、天与の食の恵み。天からの頂き物で人間の生活がすべて成り立っています。人間が「与えるもの」や人間が「してあげるもの」は本来は何ひとつないのです。すべては「与えられるもの」・「させていただけるもの」の中で私たちの暮らしがあるのです。楽しく仕事をさせていただき、楽しく人さまにご奉仕をさせていただき、楽しさの中で衣食住に満たされた暮らしをさせていただく、このすべての恵みに感謝をしましょう。「させていただく」有り難さを感じ、「させていただく」喜びを感じれば、一層、天与の恵みに満たされ、神恩感謝の中で「神魂(かむたま)磨き」の拍車がかかるでしょう。










解説:
開運とは人生を拓(ひら)くことであり、与えられた生命(いのち)を活かし、光り輝く人生を躍進させることです。まず基本となる3つの開運の柱を重視しましょう。まず第一に、開運とは人間性を高め徳を積み、世のため人のために自分の受け持ち分を果たすことです。徳運を積み高めることは人生を繁栄させる道の最も大切なところです。第二に、開運とは健康に留意して延命長寿をめざすことです。健康とは天地自然の摂理のなか心と体が健全に維持され永く続く状態です。体は心の状態に従います。心を清め・想念を浄化して肉体の健康づくりに励みましょう。第三に、開運とは財に自然と恵まれてゆくことです。財運は人生の文化的資質の向上に必要なことです。財運を強くする基本中の基本は勤勉・正直に働くことです。貴重なる労働に感謝して正道をまっすぐに進むことです。勤勉・勤労にまさる財運向上法はありません。そして、頂いた報酬を正しい道で活用させていただくことです。財運は「めぐり」が大切です。神恩感謝のなかで財運の「めぐり」をつくれば必ず向上してゆきます。以上の3つの柱をしっかりと心に留め開運の道を進みましょう。光り輝く人生が一歩ずつ近づいてきます。










解説:
言葉を発信すれば、必ず同じ波動の言葉が返ってきます。やさしさに満ち慈愛にあふれる言霊(ことだま)は同じ波動の言霊で戻ってきます。まわりを楽しく幸せにする言霊はどんどんと輪を広げ波及してゆきます。縁起の良い言葉を多く発している人は不思議と幸運に恵まれてゆきます。言葉・言霊の聖なるエネルギーは神さまが最も注目されている力です。言葉・言霊の力こそが神さまに最も近い人間の力なのです。言葉にこそ、あなたのやさしさ・あたたかさ・清らかさ・元気さをいっぱい込めて発信しましょう。そのことは神さまの御業(おしごと)の手伝いともなるのです。その結果あなたの周りはどんどんと幸運な人が集まり、すばらしいご縁の仲間で共栄・繁栄の道が確約されるでしょう。その最も基盤となることは、神さまから頂いたやさしい心根(こころね)で縁起の良い言葉を日常的にたくさん発信することです。










解説:
愛という文字は「心」「ノ」「受け」 という文字から成り立っています。愛とは心の受け皿なのです。愛とは人様の心の苦しみや悩み事、うれしいことや喜びを引く受ける「うつわ」なのです。隣人を愛することは隣人ができないことを引き受けてあげることなのです。大きな愛とは大きな引き受けができる「うつわ」のことです。まず愛を実践する第一歩は相手のお話をよく聞いてあげることです。聞くことで自分ができる役割りを見極めなければなりません。愛とは自分からの行動ではありません。相手の困っていること欲していることを充分に掌握(しょうあく)して相手の求めのなかで行動して「答え」を出してゆくことです。次に愛を実践することは時間がかかります。引き受けて行動に変えるには、必要な時間がかかります。解決を急いだり能力以上の行動をとることは危険です。やさしく待ってあげることも引く受けることなのです。人間の内なる神さま=神魂(かむたま)は愛を実践することで最も光り輝きます。生命(いのち)の輝きを愛の実践を通して学習してゆきましょう。










平成19年4月8日(日曜日)

天地自然の摂理は、生きた教科書です

解説:
自然界は大きな調和の中で、強い力、弱い力、上に伸びようとする力、下へ伸びようとする力が、それぞれ相互作用しながら、共生しています。地球は、水を通して清められ、バランスを取り合って『瑠璃色の青さ』を保っています。長く、強く続いているものお手本、教科書は、大自然の摂理そのものです。自分の志すこと、自分が目標とすることを、天地自然の摂理に照らし合わせてください。この中には、多くの教えや導きが存在します。人間の考え方、想念、現象すべてが自然界の相似形になっています。素足になって大自然の大地を踏みしめましょう。机上(きじょう)の計画、議論だけでは、不十分です。大自然の大いなる波長にダイレクトに接し摂理を感応してください。










平成19年4月7日(土曜日)

運勢は心の念ずる方向に決定されます。

解説:
心の念じ方ひとつで、あなたの生きる方向が決まります。内にも外にも明るく快活な正念で念じましょう。自らの幸せ周りの人の幸せを同時に念じましょう。祈りを通して「ご神意」を確認しましょう。そして、心定めて正想(せいそう)をもって強く念じましょう。その「継続」と「繰り返し」は人の生き方・人生を決定して定着させます。あなたの祈念する正しい道は神さまの「熱願の道」とつながっています。人の道、神さまの道も終着点は同じです。祈念を通して人と神さまは近寄り、一体化してゆくのです。強運・幸運の人はみんな同じ方向の道を歩んで祈念しています。心の念ずる「方向」が大切です。神さまの意思とあなたの心との照らし合わせは充分に満たされ唯一のものです。あなたの信じている道を祈念しましょう。すべては結果が実証してくれます。










解説:
過去・原因を責めても仕方がありません。人生の経験・学習としての過去が存在したのであって、過去を悔やんだり責めても意味はありません。過去はすでにあなたを成長させてくれました。誰もあなたを責める人はいません。すでに大きな赦(ゆる)しのなかで生かされているのです。大いなる場所ですべては赦され前進をしたのです。大切なのはあなたの希望にあふれる未来です。あなたの役割りは希望の光りを発することです。未来は輝いています。輝きの中に可能性は無限にあり、神さまのすばらしいご縁のなかで開運されてゆくのです。神恩感謝のなか何事にも積極的に取り組み強い行動を起こしましょう。必ず明るい未来は正面で堂々と待ってくれています。










解説:
自分の最も純粋な心の状態に戻れば、すべて本質と本心の理(ことわり)の通りに物事は進みます。邪念や私欲なく周りの調和と他の利益を重んじて寛容・寛大の心で物事に取り組みましょう。あなたのお役目は本質と本心の中で果たせることが出来ます。自己の内なる神さまは「純粋」で清らかです。瑞々(みずみず)しく光沢のある姿であなたの内で輝いています。そして「純粋」な心のエネルギーはあなたの輝きを増幅させ物事を順風に進ませてくれます。「純粋な気持ち・こころ持ち」を大切な拠(よ)り所として、想念・考え方の起点の根幹としましょう。










解説:
本気で神さまを敬い謹んでお参りをさせていただきましょう。参拝者の熱意と本氣に神さまは神威を一層増大され、偉大なる神氣を私たちの前にあらわします。盛んにお参りをすること、強く敬い祈念することで神さまの御力(おちから)は汪汪(おうおう)と発揮されて人々の願いに浸透してゆくのです。そしてその結果、人は神さまからの徳をいただき幸運を添えさせていただけるのです。










平成19年4月3日(火曜日)

聖なる声に耳を傾けよう。

解説:
あなたには大切な「声」がたくさん届いています。実際の聴覚で聞こえる「声」、脳波で受け取り言葉に変換される「声」、文章やメールなどに届く「声」、すべて大切な心の情報がいっぱい届いています。今日のあなたに必要な声が届いています。朝の聖なる時間に目を閉じて声なき声を聞いてください。心の奥底にも大切なメッセージが届いています。聖なる声と判断出来たとき、メッセージの通りに生きてみましょう。素直な心で聖なる声に従ってみましょう。あなたを最も身近に守っている神さまは常にあなたの良きアドバイザーとして聖なる声を的確に発信してくれています。真剣に耳を傾け、感謝の気持ちでしっかりと受信しましょう。神さまのもとでの成長が確約されます。










解説:
人の智より貴(とうと)き、人の才より貴きもの、それは人の情けです。人間味のある温かい心、人情・情愛深く、あわれみの心をもって生きることはすべてに優先する貴きものです。心は温かさが大好きです。心は優しさが大好きです。共に施し合い、共に助け合うことは和(にぎみ)を愛する私たちの根本の流れです。大切に引き継がれてきたものです。柔和の徳のつづきを神さまよりいただき、穏和の徳のつづきを神さまよりいただいています。人間の心の根っこにある仁愛は神さまよりつづいてきたものです。つづいてきたものは何処までもつづけなければならないのです。
(仁愛とは・・神さまから引き継いだ人間の愛です。人間は仁愛を実践することで神さまとの「つながり」を実証できます。)










平成19年4月1日(日曜日)

お一日参りを大切にしよう。

解説:
神様の御柱(みはしら)と人間の脊柱(せきちゅう)を月に一度、一対(イッツイ)の柱にして立ち(タチ)直す儀式をおツイ・タチ参りといいます。つまり神さまと人が一対(イッツイ)になり、神さまの基準・神さまの考え方に直してもらうのが、お一日(ついたち)参りなのです。氏神さま・崇敬神社にしっかりとお参りください。神さまと一対となったあなたの御柱はすばらしいご神氣・ご神威をいただいています。また、この一ヶ月間あなたのそばでしっかりと守ってくださり、あなたの出発と成長を見守ってくださいます。神さまの懐(ふところ)は深く・大きく・やさしいさであふれています。今日の門出を祝福しています。心機一転、澄んだ心ですばらしい清浄の道を進みましょう。その先には光り輝く天与の道が拓(ひら)かれていることでしょう。







今日の開運メッセージトップページへ戻る

平成24年1月
平成24年2月






平成23年1月
平成23年2月
平成23年3月
平成23年4月
平成23年5月
平成23年6月
平成23年7月
平成23年8月
平成23年9月
平成23年10月
平成23年11月






平成22年1月
平成22年2月
平成22年3月
平成22年4月
平成22年5月
平成22年6月
平成22年7月
平成22年8月
平成22年9月
平成22年10月
平成22年11月
平成22年12月





平成21年1月
平成21年2月
平成21年3月
平成21年4月
平成21年5月
平成21年6月
平成21年7月
平成21年8月
平成21年9月
平成21年10月
平成21年11月
平成21年12月





平成20年1月
平成20年2月
平成20年3月
平成20年4月
平成20年5月
平成20年6月
平成20年7月
平成20年8月
平成20年9月
平成20年10月
平成20年11月
平成20年12月





平成19年1月
平成19年2月
平成19年3月
平成19年4月
平成19年5月
平成19年6月
平成19年7月
平成19年8月
平成19年9月
平成19年10月
平成19年11月
平成19年12月





平成18年10月
平成18年11月
平成18年12月

開運の社

 開運の社    All Rights Reserved Copyright (C) 2006