開運の社

開運の社とは
HOME
開運ニュース
祓所(はらいどころ)
今日の開運メッセージ
今月の開運のみこと
今月の開運パワースポット
今月のパワー文字
開運入門
ことだまの復習
開運パワースポット神社
解決への道
開運サポートプロジェクト
開運動画
開運写真
開運の壁紙
神社リンク集
開運リンク集

開運のすすめ
開運の広場(掲示板)
開運ツアー
出雲の開運祭
えびす招福祭
開運の酒
開運の音楽
お問合せ



開運の社

パワースポットNavi
パワースポットNavi

開運したいと漠然と思っていいるだけでは、決して開運できません。
本当に開運したいと願っているなら、あなたの「おもい」を「行動」を変えてください。

運命は「おもい」の結果です。


神社LINK LINK




開運の社携帯サイト
開運の社モバイル
開運メッセージ
パワー文字


開運の本

開運メッセージが本になりました。詳細はこちら



インターネットコンサルティング アルクジャパン

Powered by
Alkjapan


今日の開運メッセージを携帯電話のメールに毎朝お送りします。今日の開運メッセージ
募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月1日(金曜日)

神様の御柱(みはしら)と人間の脊柱(せきちゅう)を月に一度、一対(イッツイ)の柱にして立(タチ)直す儀式をおツイ・タチ参りといいます。つまり神さまと人が一対(イッツイ)になり、神さまの基準・神さまの考え方に立て直してもらうのが、お一日(ついたち)参りなのです。氏神さま・崇敬神社にしっかりとお参りください。神さまは、まじめにお一日参りを継続するあなたの本心を確認しています。まじめこそが最も神さまが歓ばれる姿です。お一日参りの継続は「強運の継承」でもあります。本氣・本心で今日の参拝をつとめてください。まじめに勤労できるひと月になりそうです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月2日(土曜日)

この世の成り立ちは、全てが積み重ねの結果であります。コツコツと努力して積み上げてきたものは強靭(きょうじん)であり、時間を掛けたものほど威力を増します。能力も技術の向上も全て積み重ねです。大きな成果を求める必要はありません。目前に与えられた作業に、真面目にコツコツと取り組むことです。その姿に神さまは必ず幸福を与え、強運の道へと導いてくださるのです。積み重ねてゆく作業は、一つ一つの足し算の結果=和(わ)にしかならないようですが、神さまの力が及ぶ世界では、ある地点からは掛け算の結果=積(せき)に変化させてくださるのです。コツコツ「積」み重ねていくことが、掛け算の結果である「積(せき)」になるのです。かならず、そのような事象が起こり大きく発展する時が来ます。全て神さまのお計らいの中で進みますので、大丈夫です。コツコツと積み重ねる思考を定着させることを大切にしてください。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月3日(日曜日)

今日は節分です。季節を分ける大切な節目です。新しい春に向けて、今日までの一切の邪や魔をはらいのけ、清浄なる氣分で立春を迎えましょう。時間は清浄なる氣の中を、新風を浴びて進んでいきます。あなたも清浄なるエネルギーに同化して、清らかになりましょう。考え方、行動もすべて浄化されていき、困難や苦労の世界から解き放たれます。かならず素晴らしい春が到来して、全てを順調に進ませます。清らかさが全ての始まりです。今日の節目に、心さわやかにして、新しい風を迎え入れましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月4日(月曜日)

今日の始まりに、あなたが善い行いと信じたことを実行してください。あなたには、既に多くの素晴らしい言葉が届いているはずです。それを大切な使命・役割と受け止め、周りの人を歓ばせる行動に変えてください。あなたの今日の心の響きは、神さまからの強い振るいです。必ず、あなたの魂は本質から活かされ、美しく磨かれ輝いていくことでしょう。神さまは、必要・必然に応じてあなたを活躍させます。そして、その報酬を、次なるステージで活躍出来る能力として与えるのです。善行(ぜんぎょう)の後には、必ず神さまの力が届きます。その力をまた、次なる善行の実践に活用すれば、益々神さまへと通じる力=神通力を得ることができるでしょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月5日(火曜日)

太陽からの光りのエネルギーをいっぱい受けましょう。心の中・胸の中を光りいっぱいに満たしましょう。あなたは、運勢を強めお役に立てる能力をいただいています。心の中を光りの波長で満たし、明るく前向きな考え、発想で進みましょう。あなたの本質は光り輝く明るさにあるのです。内なる心の世界にも光りは届いています。すべてに肯定的で前向きに進むことで、成長と発展の力をいただけるのです。あなたの心が明るさに満ちているから、太陽も真剣に照らし続けてくれるのです。生命体は、今日も成長しているのです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月6日(水曜日)

意思を強く持ち、信念を貫き、根気強く遂行していきましょう。
そして、平常心を保ち、おだやかな波の上に心をとどめ、怒ることなく、高ぶることなく、無駄なエネルギーを使わず、本道を邁進しましょう。着実に成果を上げ、効率よく生産していくことです。すべてに心の安定が映し出されます。あなたのおだやかな進行はすべてに影響を与え、最終的には予想外の結果を得られることでしょう。おだやかな、あなたの表情や言葉の響きは、神さまの願いや神さまの計画とも共鳴していき、完成された結果を成就します。今日の心の持ち方を大切にして暮らしの中に生かしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月7日(木曜日)
この素晴らしい生命(いのち)の輝きと継承に、心から歓喜して永久(とわ)の繁栄に感謝しなければなりません。清らかで美しい水をいただき、太陽のまばゆいご来光を浴び、多いなる大地の息吹(いぶき)に包まれて、生命(いのち)は維持され、そして発展しています。この有り難い成長と発展の中にある人間の生命体、あなた自身の生命(いのち)の大切さにもう一度深い感謝の念を向けていきましょう。細胞の一つ一つが蘇生(そせい)を繰り返し、生命(いのち)の存在を実証しています。今日の健康体も、何兆もの細胞の活力と役割分担から成り立っています。最高の波動で全身の細胞に「今日もありがとうございます。」と感謝して今日の活動に努めましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月8日(金曜日)
人の「格」には性格・人格・霊格があります。性格の向上は人間関係を潤滑にするために大切なもので、幼年期・青年期に確立されます。人格の向上は社会的な役割を実現していく上で大切で、青年期・壮年期に確立されます。霊格の向上は、神さまのご加護を受けることや神さまから愛される上でとても大切な事で、この格を向上させる時期は問われません。つまり、性格の向上は人との誓約の中で高められ、人格の向上は社会との誓約の中で高められ、霊格の向上は神さまとの誓約の中で高められます。それぞれの「格」の向上に向けて、それぞれの誓約の履行をはたしましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月9日(土曜日)
感謝の言葉を行動に表しましょう。感謝ができるあなたにとっては、今日も幸福日です。やわらかく素晴らしい心の波動に満たされ、ありがたい環境に包まれています。今日の期待すべきことを、まわりの人たちの幸福へとつなげましょう。そして、あなたの祈りを行動に変えていきましょう。どんなに小さなことにでも、お返しに感謝の行動を起こしましょう。氣付いたことを、まずはどんどんやってみましょう。感謝・感謝の中で暮らしが始まると「ありがとうございます」とまた感謝すべきことが必ず連続して起こります。幸福をいただける側の歓び、幸福を与える側の歓び、そして本来受ける側も与える側も存在しないことに氣付く大きな歓び。感謝の言葉と感謝の実践に包まれた生活をいただきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付








平成20年2月10日(日曜日)

日々の出来事は、あなたの生涯に役立つ学びです。出来事すべてが教訓であり、未来に役立つ教科書です。ですから出来るだけ早い段階で、しかも若い時に、多くの困難や試練を経験した方が良いのです。それは素晴らしいことです。そして一度学んだ事は、人生の指針、教訓として、幸福な未来を実現するために役立てましょう。素直な心で学びを実践してゆけば、あなたの周りには素晴らしい情報や学びの友が集います。謙虚な学びの姿勢を大切にして、学習するチャンスを活かしていきましょう。そうすれば、あなたの成長はいつまでも続きます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月11日(月曜日) 建国記念の日・開運祭の日

運勢・運氣の安定と向上をめざして祈念いたしましょう。

運勢・運氣は、自らの念ずるところ・祈るところから強くなり、拓かれていきます。自らの思い・考えを神さまの御柱(みはしら)と一体化させて、しっかりと祈念いたしましょう。あなたの祈念がまわりの幸せへとつながるとき、必ず神さまは強運を与え、成就への道を拓いてくださいます。そして、祈念の内容が多くの人に祝福され、必要とされることならば、神さまはどこまでも、その道に力を与え継続させます。神さまが歓び、多くの人に歓ばれるものであれば、あなたの運勢・運氣はどんな逆境にあっても、向上させていただけます。祈念すること、神さまに誓約すること、また、誓約したことを誠実に実行してゆくことが大切です。そして、成就への道に協力してくれる人に感謝して、多くの人たちと共に開運への力をつけていきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付








平成20年2月12日(火曜日)

この世は原理・原則にそって動いています。

人にとって大切なものは、必ず大切にしなければなりません。人が歓ぶことは、必ず歓び合える環境をつくらなければなりません。人さまのお役に立てるときは、必ず素直な心で行動を起こさなければなりません。この世は原理・原則の上に成り立っています。やらなければならないことは、必ずやることです。やってはならないことは、絶対にやってはいけません。しごく当たり前のことです。胸に手を当てて判断すれば、原理・原則は間違いなく神さまが教えてくださいます。難しいことではありません。深く考えなくても単純な中に正しい判断・決定はあります。素晴らしい直感も下ります。原理・原則をはなれないで、正道を歩みましょう。時流に関係なく、着実な進歩・発展が約束されます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月13日(水曜日)

開運の流れを大切にして、勤勉に励みましょう。

運勢・運氣が向上して、物事がうまくいきだしても、浮ついた考え方は禁物です。流れが良くなりだすと、うぬぼれや油断で道をまちがえ、過ちにおちいりがちです。苦しかった時、つらかった時のことを思い出して、真面目に物事に取り組みましょう。日々の勤勉さを忘れることなく、真剣な眼差しを取りもどし、平常心で今日の役割に力を発揮しましょう。丹精込めたあなたの作業・仕事には精氣が宿り、多くの人に歓ばれる作品が完成するはずです。勤勉・正直に、毎日の精神を保てるように心がけていきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月14日(木曜日)

神さまとの道を太く持ちましょう。

神社に熱心に参拝させていただくと、感謝せざるをえない出来事が多く起こってきます。本当に神さまに守られているのだ、という事実に多く出会えます。この世は不思議にも、有り難いことの連続です。目には見えない、絵にも描写できない幸せが沢山存在しています。神さまとのつながりを太く持っている人には、それを優先的に感受させていただけます。心の受信機が神さまの意思と波長が合っている人は、直感や共時性に富んできます。偶然ではなく、全てのことが必然となって起こり始めます。神社に真面目に参拝してください。必ず神恩感謝の生活に導かれます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月15日(金曜日)

幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)守り給え幸(さきは)え給え

今日は十五日です。お一日(ついたち)に続いて、月の真ん中でもう一度、神さまの御柱(みはしら)と自分の御柱(みはしら)の一対(いっつい)を再確認しましょう。お榊(さかき)も新しいものに替え、お塩やお神酒(みき)も取り替えましょう。素晴らしい聖なる場を、リフレッシュしましょう。そして、ご神語(しんご)の「幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)守り給え幸(さきは)え給え」をしっかりとお唱えしましょう。あなたの準備に応じて、神さまはあなたの夢の実現を進めてくださいます。必要な能力・必要なご縁を不思議といただけます。素晴らしい春の開花に向けて、自らの活躍を祈念しましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月16日(土曜日)

優しく親切な心は、運勢を安定させる道とつながっています。

優しく親切な心で人さまに接しましょう。優しい心根(こころね)で物事に取り組み、自らの命の活躍を信じて、光り輝く未来を開花させましょう。本当に強い心の持ち主は、優しくて親切です。優しさがあってこそ、多くの人のお役に立てるのです。優しい心の持ち主には必ず強い運勢が味方します。人生の本当の修行を積んだ人は皆、表情が柔和で寛容です。生きる楽しさ喜びを感受できる心を持っています。心の根っこを見直して、優しく親切な方向に心を定めましょう。優しい心根は運氣・運勢を安定させる道とつながっています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月17日(日曜日)

人生悠々と、心静かに歩みましょう。

人生は心の豊かさの中に、真の幸福があります。豊かさとは時間との相関性です。どんなに幸運な出来事に出会っても、それを味わう時間に余裕がなければ幸せとは言えません。幸せを感受できる時間がたっぷりとあって、初めて幸福感に満たされるのです。ゆっくりとしたペースに歩みを変化させてみてください。新しい幸福感に出会い、ゆとりある価値観を得ることで、人生が裕福感に満たされていきます。人生は大きな流れの中で、決まった道を歩んでいます。ならば、悠々とした境地で心静かに歩んでゆく感性を取り戻しましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月18日(月曜日)

ひとつ光れば、次々に光ります。

あなたの得意とすること、あなたの能力の中で優位にあることを、まずは自信をもって行動に移しましよう。あなたの活躍する姿に、神さまは積極的にエネルギーを注ぎ、その光景は光り輝くものへと変化していきます。光り輝くあなたの姿は、周りをも照らす力となり、どんどんと照度は増していきます。そして、あなただけではなく、あなたに同調する人までもが光り輝く姿に変化して、どこまでも明るさを広げるのです。その役割は、あなた自身です。あなたが光れば周りも光ります。光り輝く叡智・光り輝く言葉・光り輝く行動をあなたから発信しましょう。小さな世界から少しずつ光りの輪が広がります。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月19日(火曜日)

幸福への道は、まず基準を正すことからです。

幸福への道を歩むには、自らの幸福の基準を正しく持つことが大切です。そうしなければ誤った方向に進みかねません。人間の幸福は、まずは健康に恵まれ、心豊かな人間関係に恵まれ、そして安定した生活ができるだけの財にも恵まれていく中に存在します。徳・健康・財のバランスのよい向上が、人間としての幸福を創造していく土台です。それぞれの基準を満たしていくためには、精神・肉体の努力を積み重ねなければなりません。常に基準を確認してバランスのよい向上をめざすことで、あなたの人生を豊かに満たしていきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月20日(水曜日)

光り輝くところに邪や魔は存在しません。

光り輝く想念は、心や肉体を元気・壮快にします。光り輝くからこそ、まわりを幸せにして暖かい環境をつくるのです。光り輝きは邪や魔をはね飛ばし、苦難・不幸を寄せ付けません。暗やみの中では幸せへの思考は生まれません。まずはあなたが光り輝いてください。「光り輝く」とは光りと一体化する想念の中、輝きいっぱいの言霊(ことだま)と、輝きいっぱいの笑顔でその場を満たすことです。すばらしい幸福の波動がいっぱい発信されます。光りの中に未来の希望と幸福を縁起して、大宇宙からの光りのエネルギーの伝道者となりましょう。準備はできているはずです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月21日(木曜日)

自他平等の中に、心の安心が獲得できます。

自分のモノ・他人のモノというのは本来存在しません。この世の全ては神さまからの預かりモノです。預かるにふさわしい人に神さまはモノや能力を与えてくださっているのです。みんなが役割に応じて、世のため人のために共有しなければいけません。専有・独占ではなく、みんなが活用・利用できるように、所有物や能力を分配しましょう。神さまは、その分配・活用できる心に、次なるモノと能力を継続して与えてくださるのです。自他平等こそが心の安心・幸せの始まりです。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月22日(金曜日)

「大丈夫」の一言がすべてを安心させます。

今日のあなたはすでに多くの神々に守られ、輝ける力を与えられています。あなたの努力とともに、神さまも懸命に御神力(ごじんりょく)をつくしてくださっています。準備に準備を重ね、すべてが整った形でスタートができています。すべて大丈夫です。今日のあなたの霊妙なる心の状態を大切にして、時間と空間の中に広がる神さまのご守護のお力に深く感謝しましょう。必ず「大丈夫」の一言が神さまの声となって聞こえる瞬間がやってきます。安心・立命の心の境地は、あなたのまわりに着実に整ってきています。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月23日(土曜日)

あなたのまわりには、協力者がたくさん存在します。

人はひとりの力では生きていけません。みんな、それぞれに助けられて生きています。神さまは、ひとりの人に万能を与えていません。必ず苦手とすることや道を拓けないことが、どんな人にも存在します。それぞれに役割を与え相互の援助で生きる社会が作られています。助けを受けることに心配や遠慮はいりません。あなたのまわりには、あなたを助けようと準備してくださる方が既に多く存在しています。あなたができないことは、助けていただき、早く解決することです。勇気をもって援助を求めてください。あなたの協力者は歓んで、あなたの困難を引き受け、解決への道に導いてくださいます。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月24日(日曜日)

氣分よく朗らかに会話をもちましょう。

今日会話のできる相手に感謝して、氣分よく話しを進めましょう。あなたの暖かい言葉、楽しい朗らかな会話は、まわりを幸せにします。どんなことでも、思いやりの心と朗らかな心持ちでお話しをしてみましょう。ヒラメキや考えに行き詰まっても、氣分を壮快にきりかえて、楽しい会話につとめましょう。そのためには、言葉で氣のよい環境をつくることです。言葉は未来の案内人です。今日の朗らかな言葉はあなたの未来を朗らかに導きます。素直な心で、まず実践してみてください。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月25日(月曜日)

神さまに通じる心を壮観(そうかん)していきましょう。

偉大なる創造主である神さまに通じる心を、壮(さか)んに観ていきましょう。心臓の鼓動も肺の呼吸も、神さまの意思で活動しています。神さまの意思は人間の内に存在し、また人間の存在を大きく超えた所にも、神さまの御業(みわざ)は昼夜にわたり活躍してくださっています。生命(いのち)の根源と神さまの御力(みちから)とは同体です。肉体も心も精神も、神さまの御力(みちから)の分身であり預かりものです。そのことに壮(さか)んに気付きましょう。この素晴らしい事実を壮観できれば、一つ一つの出来事を、神さまに通じる心をもって受け止めることができます。自らの役割りを神さまの御言葉として直受できます。神通感や神通力を養う方法をも感受できます。神さまの期待に応(こた)えられる分身へと、生命(いのち)を活躍させましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月26日(火曜日)

まずは、相手の歓ぶことをやってみましょう。

人は心地よいこと、うれしいこと、楽しいことが大好きです。緊張の中だけでは心身の健康は維持できません。また、自らの歓びだけでは、本当の歓びではありません。一緒に歓び合えたり、歓びの共有者が多いほど歓喜の度合いは増すものです。まずは、相手の歓ぶことをやってみましょう。相手の心を思いやり、相手と歓び合える環境をつくりましょう。思いも大切・言葉も大切・行動も大切です。お互いが相手の歓ぶことを優先的に実践できれば理想的です。真の幸せは遠くにはありません。身近なところに、歓び合える心のつながりの中に、確実に存在するものです。今日あなたが出会える相手に、今日出来る歓びを与えましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月27日(水曜日)

よい心の波動を表に出していきましょう。

どんな人にも長所と短所があります。まずは自分の長所を表に出しましょう。自らが得意とすること、心地よく人さまのお役に立てることを、優先的に言葉や行動にしましょう。よい心の波動を多く発信しているときは、客観的にも周りに評価され、人間関係も良好になります。人が喜ぶことを率先してやったり、相手の立場に立って思いやりのある行動をとることは、優しく素晴らしい心の波動です。そうすると、あなたの短所が表に出ることがあっても、すでにまわりの人は許しの心に包まれているはずです。少しずつでよいから、素晴らしい心の波動を表現してみてください。心の中の半分以上に、良い波動がしん動していることが理想です。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月28日(木曜日)

心は大切なメッセージが届く受信機です。

謙虚・素直になることを、朝の心構えとして優先させましょう。必ず心の受信機に、あなたの周波数に合った情報を数多くいただけます。謙虚・素直になると、有意義な意見、役立つ忠告など、あなたを成長に導くありがたい言葉をいただくことができます。その声は直接あなたの目の前にいる人の言葉であったり、脳の中でのヒラメキだったり、神さまの声の響きとして直感的に届けられたりします。すべてはあなたが謙虚・素直に周波数を合わせる準備ができているかです。朝の聖なる祈りの時間に、謙虚・素直の心の波動をベースに整えていきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付







平成20年2月29日(金曜日)

足もとを固めて、氣を引きしめましょう。

物事の流れの中では、常に慎重さと自然に逆らわない姿勢が大切です。うまくいっている時でも油断することなく、足もとの地盤・土台を固めることを怠ってはいけません。大樹の幹が上へと成長するときは、同時に見えない土の中の根幹も大きく成長しているのです。人間も見かけの地位や様相だけが立派になっても不安定です。心の根っこ・精神の根源が成長・向上できていてこそ、人生を悠々と歩めるのです。まずは、日々の暮らしをご神意に照らし合わせて、氣を引きしめていきましょう。





募金箱能登半島地震災害義援金受付




今日の開運メッセージトップページへ戻る

平成24年1月
平成24年2月






平成23年1月
平成23年2月
平成23年3月
平成23年4月
平成23年5月
平成23年6月
平成23年7月
平成23年8月
平成23年9月
平成23年10月
平成23年11月






平成22年1月
平成22年2月
平成22年3月
平成22年4月
平成22年5月
平成22年6月
平成22年7月
平成22年8月
平成22年9月
平成22年10月
平成22年11月
平成22年12月





平成21年1月
平成21年2月
平成21年3月
平成21年4月
平成21年5月
平成21年6月
平成21年7月
平成21年8月
平成21年9月
平成21年10月
平成21年11月
平成21年12月





平成20年1月
平成20年2月
平成20年3月
平成20年4月
平成20年5月
平成20年6月
平成20年7月
平成20年8月
平成20年9月
平成20年10月
平成20年11月
平成20年12月





平成19年1月
平成19年2月
平成19年3月
平成19年4月
平成19年5月
平成19年6月
平成19年7月
平成19年8月
平成19年9月
平成19年10月
平成19年11月
平成19年12月





平成18年10月
平成18年11月
平成18年12月

開運の社


 開運の社    All Rights Reserved Copyright (C) 2006